2017年6月金沢、山代温泉、平泉寺、えちぜん鉄道、永平寺、一乗谷、白山、庄川の旅

6月18日~20日に金沢、山代温泉、平泉寺、えちぜん鉄道、永平寺、一乗谷、山代温泉、白山、庄川を旅した。TD渡辺さん。

6月18日

大宮9時2分のかがやき505は、11時6分に金沢に着いた。途中、富山の少し前で立山連峰が見えた。ひがし茶屋街、近江町市場(昼食海鮮丼)、兼六園、金沢城を見学した。兼六園は2回目だ。前回は11月で、雪つりがあり、風情があったが、今回はないので単なる公園であった。金沢城は城らしくない城だった。

加賀市の山代温泉は田園地帯の端にあり、温泉街の感じが殆どしなかった。連泊の宿泊ホテル葉渡莉(はとり)は、温泉街の中にあった。部屋は広くて良かった。海は見えないが、夕日がきれいに見えた。遠くに観音像も見えた。

c0160933_10181197.jpg



c0160933_10434494.jpg


c0160933_10440690.jpg




c0160933_10444955.jpg



c0160933_10451233.jpg


c0160933_10453467.jpg



c0160933_10183645.jpg

c0160933_10460527.jpg





c0160933_10185913.jpg

c0160933_11135772.jpg






6月19日

白山平泉寺に行った。白山平泉寺は、勝山市の少し東にある。更に東に進むと白山にいたる。勝山市近くで白山が見えた。白山平泉寺の苔は素晴らしい。現地ガイドの人が熱く説明してくれた。

勝山駅から永平寺口まで31分間えちぜん鉄道に乗った。電車は田園のなかをのんびり走った。永平寺の少し前の幸家で豆腐創作料理の昼食を食べた。さっぱりしていて美味しかった。

c0160933_10200094.jpg

c0160933_10230982.jpg

c0160933_10465772.jpg






c0160933_10233839.jpg

c0160933_10241228.jpg


c0160933_10253204.jpg
c0160933_10264681.jpg
c0160933_10271613.jpg


c0160933_10475675.jpg
c0160933_10484653.jpg

c0160933_10492923.jpg


c0160933_10500264.jpg




永平寺

永平寺は2回目だ。今回は修行僧が目立たなかった。前回は修行僧が主な所を案内してくれたが、今回なそれがなかった。



c0160933_10504088.jpg

c0160933_10512013.jpg

c0160933_10515102.jpg
c0160933_10523101.jpg


c0160933_10531046.jpg



c0160933_11010672.jpg



c0160933_11003176.jpg






一乗谷朝倉氏遺跡

永平寺から少し離れた所の一乗谷朝倉氏遺跡に行った。1467年~1573年に栄えた朝倉氏の遺跡の一部が復元されていた。



c0160933_11015368.jpg

c0160933_11021460.jpg
c0160933_11024693.jpg

c0160933_11030422.jpg

c0160933_11033926.jpg



 

6月19日

山代温泉から高速道路で金沢方向に向かい、途中から右に進み、1時間位で白山比め(しらやまひめ)神社に着いた。ここは、約3000の白山神社の総本宮だそうだ。その後、南下した後、白川村方向(東方向)に進んだ。

33.3km(約2時間)の白山白川郷ホワイトロードは白山山頂を右に見ながら進む.最高地点は約1400m。途中で白い白山が見えた。白山という山はなく御前峰2702m等の複数の山の総称だ。ハワイトロードの開通期間は6月上句から11月10日まで。但し、気象条件が悪いと通行止めになる。紅葉の頃もよさそうだ。


五箇山で昼食を食べた後、庄川遊覧船で小牧から大牧方向の途中まで進み、小牧に戻った。庄川の水量が多かった。下船後、湯沢迄行き、19時1分の新幹線で帰った。


白山比め神社

c0160933_11143689.jpg
c0160933_11153703.jpg
c0160933_11155301.jpg
ホワイトロードの谷
c0160933_11282765.jpg

残雪
c0160933_11285016.jpg
ホワイトロードの側の滝
c0160933_11290871.jpg
ホワイトロードから白山

c0160933_11292971.jpg


c0160933_11295517.jpg

展望台から白山

c0160933_11303661.jpg

白山
c0160933_11310149.jpg
白川郷のダム
c0160933_11312800.jpg

五箇山の昼食の家
c0160933_11315773.jpg



c0160933_11322317.jpg
遊覧船乗り場の下流のダム
c0160933_11325684.jpg

桟橋
c0160933_11332763.jpg
折り返し近く
c0160933_11335855.jpg


富山近くから立山方向

c0160933_11342544.jpg





# by noritabi | 2017-06-27 22:24 |

2017年5月クロアチア、スロベニア、ドイツ、オーストリアの旅


5月23日に羽田を出発し、


1.ミュンヘン(ドイツ)、2.ザルツブルグ(オーストリア)、3.ブレッド(スロベニア)、4.ポストイナ、5.オバティア(クロアチア)、6.シベニク、7.トロギール、8.スプリット、9.モスタル(ボスニア・ヘルツエゴヴィナ)、10、ドゥブロヴニク、11.コトル(モンテネグロ)、12.プリトヴィツェ、13.サグレブ(クロアチア首都)、14.リュプリアーナ(スロベニア首都)、15.ハルシュタット(オーストリア)、16.ザルツブルグ(オーストリア)、17.キーム湖(ドイツ)、18ミュンヘン(ドイツ)の順に観光し、6月1日に羽田に帰った。(TD・盛實さん)


1日目(5月23日)


羽田発12時30分発のANA0217便は、11時間50分後にミュンヘンに着いた。(現地時間17時20分)


ミュンヘン空港からバスでザルツブルクに向かった。


ミュンヘン空港


c0160933_12340145.jpg


c0160933_12343739.jpg


c0160933_12350243.jpg



ミュンヘンとザルツブルクの中間ぐらいから山が見え始めた。


c0160933_12354302.jpg




ドイツを出る前にトイレ休憩をとった。



c0160933_12361167.jpg

c0160933_12363116.jpg

c0160933_12370157.jpg




ザルツブルグのホテル・オーストリア トレンド ミッテは静かな所にあった。ホテルにPM7時30分位に着いた。(所要時間約2時間30分)


c0160933_12373998.jpg

c0160933_12380446.jpg

2日目(5月24日)

ブレッド湖

ザルツブルグを7時30分に出て、国境を超えてスロベニアに入り、10時30分にブレッド湖に着いた。

まず、ブレッド城に行き、ブレッド湖を見た。ブレッド城は湖面より高い所にあり、ブルーのブレッド湖は勿論のこと、西の方にユリアンアルプスの最高峰トリグラウ山(2864m)も見えた。

c0160933_17574169.jpg

c0160933_17580240.jpg



c0160933_17585280.jpg

c0160933_17591482.jpg

c0160933_18003463.jpg
c0160933_18005510.jpg
c0160933_18021761.jpg


手漕ぎボートでブレッド島に行った。




c0160933_17595914.jpg
c0160933_18032931.jpg


教会の中

c0160933_18025083.jpg

崖の上の城
c0160933_18044864.jpg






ポストイナ鍾乳洞

ブレッドから約1時間30分でポストイナに着いた。ポストイナ鍾乳洞の大きさに驚いた。総延長は約20km、スロベニア最大だ。観光コースは約5kmで、そのうち約3.7kmがトロッコ、残りが徒歩コースだ。徒歩コースはアップダウンがあるので大変だった。写真を撮る余裕がほとんどなかった。ここにはトロッコ等があるので、世界遺産にならなかったのだろうか。


c0160933_18423874.jpg
c0160933_18425687.jpg
c0160933_18431391.jpg
c0160933_18434149.jpg

オバティア(クロアチア)

ポストイナから約2時間でオバティア(クロアチア)に着いた。距離的には1時間30分だが、クロアチアへの入国手続きで相当時間がかかった。オバテイアは、アドリア海に突き出たトラスト半島の右端にあり、景色の良い所だ。

宿泊ホテル オバティアは、外観は比較的立派だが、部屋は相当古い。宿泊部屋は山側でアドリア海は見えなかったが、ホテルの入口側やレストランからは海が良く見えた。

ホテル前
c0160933_21400519.jpg
c0160933_21403642.jpg
c0160933_21420356.jpg
ホテル裏
c0160933_21411474.jpg
c0160933_21412983.jpg
ホテル近くの海

c0160933_21474736.jpg

3日目(5月25日)

シベニク

8時30分にオバティアを出て、景色の良いアドリア海沿岸を南下し、約4時間後にシベニクに着いた。昼食後、シベニク観光した。海岸近くの聖ヤコブ大聖堂は世界遺産だ。シベニクは海に面した小さな町だ。



アドリア海沿岸
c0160933_21592825.jpg

c0160933_22011090.jpg

オバティアとシベニクの中間の休憩場所
c0160933_22013627.jpg

c0160933_22020754.jpg


途中
c0160933_22025055.jpg

シベニク
c0160933_22054522.jpg


c0160933_22032302.jpg


c0160933_22035594.jpg

c0160933_22044195.jpg

c0160933_22051830.jpg

トロギール(世界遺産)

トロギールはシベニクから約1時間南下した位置にある島で、短い橋で陸とつながり、城壁で囲まれている。聖ロヴロ大聖堂、市庁舎等を見学した。

c0160933_12312365.jpg

c0160933_12314131.jpg
c0160933_12320458.jpg

城壁の外

c0160933_12325806.jpg



c0160933_12332121.jpg

スプリット

トロギールから約30分南下してスプリットに着いた.スプリットはクロアチア第2の都市だ。夕食はレストランでクロアチア風シチュー。宿泊はホテル ダルミナ。1泊のみなら問題のないホテルだ。


スプリット遠景

c0160933_17500475.jpg

ホテル
c0160933_17503922.jpg

ホテル前
c0160933_17505401.jpg

4日目(5月26日)
世界遺産スプリット観光
ホテルを8時15分に出て、スプリットのディオクレティアヌス宮殿、大聖堂を観光した。スプリットの宮殿は城壁に囲まれている。城壁内に店舗もある。中央通りのカフエで休憩した。



c0160933_17533905.jpg


c0160933_17535587.jpg


c0160933_17542138.jpg


c0160933_17550062.jpg


c0160933_17553932.jpg

中央通り
c0160933_17562588.jpg

スプリット近郊
c0160933_17565820.jpg

モスタル(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)
スプリットを約10時30分に出て、隣の国のモスタルに向かった。約4時間でモスタルに着いた。川に沿ったレストランでチェバブチチを食べた。世界文化遺産の石橋(スタリ・モスト)、石の敷き詰められた道は歩きにくかった。3ユーロ出してビュポイントに入った。


c0160933_23054356.jpg


c0160933_23074210.jpg


c0160933_23084284.jpg

c0160933_23093232.jpg




c0160933_23071292.jpg

c0160933_23103785.jpg

モスタルからドゥブロヴニクに行った。
スプリットからボスニア経由でドゥブロヴニクに行く時、ボスニアがクロアチアを分断しているため出入国審査の回数が多い。1.クロアチア出国、ボスニア入国(モスタル観光)、2.ボスニア出国、クロアチア入国、3.クロアチア出国、ボスニア入国、4.ボスニア出国、クロアチア入国の審査がある。出入国審査時間を相当多めに計画する必要がある。ドウブロヴニクのホテルに着いたのはPM9時すぎだ。

ボスニアのドライブイン

c0160933_23134349.jpg

ドゥブロヴニクのグランド ホテルパーク
は世界遺産の旧市街から少し離れた比較的静かな所だ。宿泊はバスタブのある別館であった。海は見えなかったが、プールや全方の丘の住宅が見えた。ホテルで夕食を用意してくれた。

部屋の窓から
c0160933_16411146.jpg
部屋の窓から本館側(右端)
c0160933_16414069.jpg
本館入口と別館
c0160933_18453114.jpg

5日目(5月27日)

ホテルを8時30分に出て、世界遺産ドゥブロヴニク観光した。先ず、ロープウェイで山に登り、旧市街地等を見渡した。

ロープウェイ乗場から旧市街を見る

c0160933_21041725.jpg
c0160933_21044407.jpg
ロープウェイ
c0160933_21073449.jpg
c0160933_21050683.jpg
c0160933_21053214.jpg
c0160933_21060425.jpg
c0160933_21063423.jpg

c0160933_21081107.jpg

ロープウェイ途中から旧市街を見る
c0160933_21084600.jpg
ロープウェイ途中から旧市街
c0160933_21092071.jpg

城壁の上から外を見る
c0160933_21102890.jpg
コトル(モンテネグロ)観光
昼食後コトル観光に行った。予定所要時間7~8時間の所、出入国検査の遅れで1時間位遅くなった。帰り道の海岸側のレストランで夕食を食べた。コルトまでの途中はフィヨルドような風景だ。
c0160933_21373724.jpg
c0160933_21380417.jpg
c0160933_21382410.jpg
c0160933_21384643.jpg
c0160933_21394650.jpg
コトルの街が見える
c0160933_21401478.jpg
コトル

c0160933_21404365.jpg
c0160933_21411338.jpg
c0160933_21414369.jpg

c0160933_21421314.jpg
c0160933_21434762.jpg
c0160933_21463665.jpg

夕食会場
c0160933_21442521.jpg
c0160933_21445495.jpg
c0160933_21452503.jpg
c0160933_21455428.jpg


6日目(5月28日)

世界遺産(自然遺産)プリトヴィツェ湖群国立公園

ドゥブロヴニクのホテルを7時30分に出てプリトヴィツェに向かった。ボスニアを横切る出入国審査が2回あった。途中までアドリア海を見ながら進んだ後内陸部を進んだ。内陸部も荒れ地が多いが、盆地の水のある所には人家や農地がある。約4時間位移動した所で昼食をとった。

乾燥地帯が続き、プリトヴィツェ湖群国立公園らしき所が見当たらなかったが、2時間位進むと緑地帯が現れ、プリトヴィツェ湖群国立公園に到着した。公式ガイドを伴って公園の一部を散策した。入口付近に一番大きい滝があり、その後小さい滝が沢山あった。レストハウスのある所で船に乗り入口方向に戻った。日本にも滝、湖、森林等の似たような所があるが、滝の数が多い点で異なる。プリトヴィツェ湖群国立公園はクロアチアでただ1つ世界自然遺産だ。

ドゥブロヴニクの近く

c0160933_21481450.jpg
盆地

c0160933_17413987.jpg
昼食会場
c0160933_17420443.jpg
公園から数km前、白い山は石灰岩の山らしい。プリトヴィツェの湖、滝の石灰岩に基ずくらしい。
c0160933_17423031.jpg
プリトヴィツェ案内図
c0160933_17430816.jpg
公園入口
c0160933_17433853.jpg
入り口近くの滝
c0160933_17440176.jpg

c0160933_17465997.jpg

c0160933_17443031.jpg


c0160933_17474470.jpg
船に乗った湖
c0160933_17450038.jpg
c0160933_17452845.jpg

c0160933_17495585.jpg

宿泊ホテル イエーゼロ

公園内のレストランで夕食を食べた後この近くのホテル イエーゼロに行った。ホテルは林の中の静かな所にあった。公園の滝までも直ぐだがこの後も強行日程なので散歩するのをあきらめた。2~3日滞在して滝や湖を散策すのには良い所だ。


c0160933_18171911.jpg


c0160933_18174604.jpg

7日目(5月29日)

ザグレブへ

プリトヴィツェのホテルを8時45分に出て、ラストケ村を通ってクロアチアの首都ザグレブに向かった。途中トイレ休憩をとって、ほぼ11時にザグレブに着いた。大聖堂等を観光した後、昼食ザグレブ風ステーキを食べた


ドライブイン



c0160933_16575240.jpg

ザグレブ市街


c0160933_16592449.jpg


c0160933_16594819.jpg
c0160933_17001435.jpg
c0160933_17003678.jpg
c0160933_17010295.jpg



c0160933_17012619.jpg

リュプリアーナ(スロベニア)

ザグレブ(クロアチア)から国境を越えて約3時間でスロベニアの首都リュプリアーナに着いた。三本橋、フランシスコ会教会等を見学した。

リュプリアーナのホテル:ホテル パークはバスの入り難い市街地にあった。市街地に宿泊する必要はないと思った。


ザグレブ近くの風景
c0160933_17211513.jpg


リップリアーナ観光
c0160933_17213522.jpg


c0160933_17223103.jpg
c0160933_17225259.jpg


c0160933_17231657.jpg

c0160933_17233218.jpg

c0160933_17240410.jpg


c0160933_17243311.jpg
c0160933_17250164.jpg

c0160933_17253834.jpg
c0160933_17260547.jpg
ホテルの窓から
c0160933_17264161.jpg
ホテルの窓から
c0160933_17272073.jpg
ホテルの窓から
c0160933_17275574.jpg
ホテル
c0160933_17283035.jpg

8日目(5月30日)

ハルシュタット(オーストリア)

8時にホテルを出て、ハルシュタット(オーストリア)に向かった。約5時間でハルシュタットに着いた。昼食後世界遺産ハルシュタットを散策した。ハルシュタットは2回目だ。前回は5月20日位で今回より10日程早かった。今回の5月30日でもハルシュタット近くの山にはまだ雪があつた。今回はロープウェイで展望台まで上った。上から見る景色も美しい。

c0160933_22110782.jpg
c0160933_22113064.jpg
ハルシュタット・ザルツブルグ間の山々
c0160933_22134152.jpg
c0160933_22141773.jpg
c0160933_22143926.jpg
c0160933_22151559.jpg


ザルツブルグ

ハルシュタット観光後、約1時間30分かけてザルツブルグに移動した。ザルツブルグも2回目だ。マラベル宮殿の庭園を見たあと世界遺産の旧市街を観光した。庭園にはバラが咲いていたが、その他は植え替えで咲いていなかった。


ザルツブルグのホテル:アレナシティ

4星ホテルで満足できる所だった。今回のツアーの逆回りコースのツアーと同宿になり、今までの内容を聞かれた。

c0160933_22162676.jpg
c0160933_22270034.jpg

c0160933_22281471.jpg

c0160933_22285274.jpg

c0160933_22292141.jpg








ホテル
c0160933_22173024.jpg
c0160933_22193556.jpg

9日目(5月31日)

9時30分にホテルを出て、ドイツのキーム湖に向かった。






c0160933_23060839.jpg



c0160933_23063367.jpg
キーム湖畔
c0160933_23065337.jpg


c0160933_23073327.jpg


c0160933_23081068.jpg



c0160933_23090446.jpg


c0160933_23093548.jpg
c0160933_23101118.jpg
ミュンヘン

ミュンヘンには、ザルツブルグからあ約3時間後に着いた。

ミュンヘンは初めてで、是非来たいところだった。市内散策をした。新市庁舎、マりエン広場、パーター教会、野外市場、世界一有名なビアホールのあるホフブロイハウス等を散策した。予想より騒がしい街だった。



c0160933_23113689.jpg

c0160933_23122722.jpg

c0160933_23125685.jpg

c0160933_23133108.jpg


c0160933_23141149.jpg

c0160933_23144566.jpg

c0160933_23151768.jpg
ビヤホール
c0160933_23155679.jpg


新市庁舎
c0160933_23163733.jpg
c0160933_23172468.jpg
c0160933_23180411.jpg
野外市場
c0160933_23183308.jpg
c0160933_23190010.jpg

c0160933_23193738.jpg

ミュンヘン21時25分発のANA0218便で羽田に15時50分に帰国した。(所要時間約11時間25分)


今回の旅行のまとめ
1.好天続きで良かった。
2.ブレッド、ハルシュタット、ザルツブルク等で雪の山が見られる5月の選択は良        かった。
3.ポストナイト鍾乳洞は予想以上に素晴らしかった。日本では見ることができない規模だ。
4.クロアチアに行くルートには、ミュンヘンルート、フランクフルト経由ルート、イスタンプール経由ルート等があるが、乗り継ぎがない点でミュヘンルートが優れている。ミュンヘンルートは、乗継便では見ることができないオーストリアを観光もできる点でも優れている。移動時間が長いが、道路が良いし、景色も良いのでさほど気にならない。イスタンプール経由は安いが、深夜便でクロアチアに到着して直ぐ観光するために体力的に無理になるという欠点を持つ。
5.クロアチアの入出国審査の回数が多いので、この時間を十分にとることが必要だ。
以上






# by noritabi | 2017-06-13 12:38 |

2017年4月宮古島の旅

2017年4月11日~13日に宮古島を旅した。宮古島は2回目だ。前回(2016年1月31日~2月2日)は3日間の内初日は晴れ、後の2日間雨であったので、再度来た。今回は晴天ではなかったが、雨は降らなかった。

4月11日

羽田12時25分発JAL915便で那覇に向かい、15時5分に着いた。その後、16時5分のJTA567便が1時間程度遅れて出発し、宮古島に17時位に着いた。東急ホテルの上が航路であるので、来間大橋、ホテル、ブルーの海が窓から見えた。前回は比較的早くに宮古島に着いたので、1日目も観光できたが、今回は遅かったので観光できなかった。

宿泊ホテルは前回と同じ東急ホテル。部屋は本館1階の和洋室で、庭は良く見えたが、海はわずかに見えるのみであった。前回は3階の洋室ツインで海が良く見えた。ホテルの前はプライベートビーチであるが、満ち潮のため砂浜が前回より大幅に狭くなっていた。

4月12日

2日目は砂山ビーチ、佐和田の浜、下地島空港、通り池、渡口(とぐち)の浜、昼食(伊良部島の東海岸にある魚市場いちわ、カツオとマグロ料理)、伊良部大橋、西平安名崎(ニシヘンナサキ)、雪塩工場、池間島、島尻マングロープ林を観光した。

4月13日

3日目は、来間島、海中公園、宮古島海宝館(昼食)、東平安名崎を観光した。引き潮のためか、東平安名崎の周りの海水が少なく、魚が見えなかった。東平安名崎にユリが咲いていた。宮古島のブルーの海はきれいだ。

宮古航空発15時45分JTA582便は那覇に16時35分に着き、那覇発18時35分発JAL918便は羽田に20時50分に着いた。

ホテル

c0160933_11480022.jpg


ホテル前のビーチ
c0160933_11485172.jpg



ホテル前のビーチ
c0160933_11492125.jpg

部屋の窓から
c0160933_11495770.jpg


砂山ビーチ(宮古島の左上)




c0160933_11582820.jpg


佐和田の浜(伊良部島の左上)

c0160933_11402374.jpg


下地島
c0160933_11405125.jpg
下地島空港
c0160933_11411934.jpg
通り池(空港の左側)
c0160933_11420128.jpg

c0160933_11423007.jpg


渡口の浜(伊良部島の左下)
c0160933_11425618.jpg

伊良部大橋
c0160933_11431982.jpg

西平安名崎から(宮古島左上)
c0160933_11434766.jpg
西平名崎から
c0160933_11441716.jpg


島尻マンゴロープ林(宮古島右上)
c0160933_11554837.jpg


来間大橋
c0160933_11444816.jpg
海中公園入口(宮古島左上)
c0160933_11455653.jpg
東平安名崎
c0160933_11462412.jpg
c0160933_11471569.jpg
c0160933_11505295.jpg
c0160933_11514525.jpg
c0160933_11522170.jpg


# by noritabi | 2017-04-27 12:00 |

2017年3月三嶋大社、伊豆の国、田子の浦港、岩本山


3月30日にクラブツーリズムの日帰りバスツアーで三嶋大社、伊豆の国、田子の浦魚港、岩本山を旅した。三島市の三嶋大社は街の真ん中にある比較的大きい神社だ。桜の名所らしいが、しだれ桜が1本咲いていたのみで、ソメイヨシノは未だだった。

次に、三島市の南の伊豆の国市でイチゴ狩りをした。伊豆の国市の名称は初めて知ったが、韮山を含む地域の様だ。イチゴ園が多数ある。ここから富士山が微かに見えた。

次に、田子の浦漁港の振る舞いの昼食を食べた。漁港はクラブツーリズム貸し切りで、20台の観光バスが時間を分けて入った。田子の浦漁港の振る舞いとして、⓵生シラス&釜揚げシラス&生桜エビの3色丼 ②シラスコロッケ ⓷握り寿司2貫 ④サザエ1個 ⑤炭焼きホタテ2個 ⑥イカいろり焼き約30g ⑦漁師のあら汁 ⑧生ビール又はお茶1杯が出た。

最後に、岩本山(富士市)に行った。岩本山は富士山の見える桜の名所らしいが、ソメイヨシノは未だだった。早咲きの桜が1本咲いていた。富士山は朝三島に来る時に良く見えたが、ここでは雲に隠れていた。

三嶋大社

c0160933_17355092.jpg
c0160933_17361498.jpg
c0160933_17362950.jpg
c0160933_17365790.jpg


c0160933_17372100.jpg

c0160933_17375208.jpg

c0160933_17382466.jpg

c0160933_17384932.jpg


田子の浦漁港
c0160933_17391456.jpg

岩本山
c0160933_17395011.jpg


c0160933_17410526.jpg

c0160933_17412878.jpg

c0160933_17415410.jpg




# by noritabi | 2017-04-01 17:47 |

鹿児島の旅


2017年3月16日、17日、18日に鹿児島を旅した。

3月16日(木)

JAL645便は羽田を10時15分に離陸し、鹿児島に12時05分に着いた。先ず、霧島市に近い宮崎県都城市の関之尾滝を見た。関之尾滝は、日本の滝百選の1つだ。落差18m、滝幅40mだ。この上流に多数の甌穴(おうけつ)がある。


c0160933_18415158.jpg


c0160933_18422213.jpg

c0160933_17003416.jpg



霧島神社

関之尾滝からさほど遠くない霧島神社に行った。神社入り口近くの池に温泉が流れ込んでいた。



c0160933_22565619.jpg



c0160933_22572391.jpg
c0160933_22574758.jpg

c0160933_22581200.jpg
c0160933_22584238.jpg

c0160933_22590491.jpg


ホテル霧島キャッスル
は霧島市牧園町高千穂にあった。ここにも温泉の滝があった。ホテルの部屋は広く、食事も良かった。残念なのはトイレ、洗面所、風呂のユニットが狭いことだ。


ホテル

c0160933_22593552.jpg




ホテルの窓から
c0160933_18442838.jpg

ホテルの窓から

c0160933_18445697.jpg

3月17日(金)

鹿児島県伊佐市にある曾木の滝に行った。この滝は高さ12m、滝幅210mで立派だ。

c0160933_18472602.jpg
c0160933_18482075.jpg
c0160933_18484808.jpg
下流
c0160933_18492389.jpg
昼食
串木野でまぐろ丼を食べた。

昼食会場近くの地図
c0160933_22341093.jpg


昼食会場
c0160933_22342802.jpg


薩摩金山蔵
昼食会場から車で数分の薩摩金山蔵に行った。ここの坑内に焼酎製造所、貯蔵所がある。勿論金鉱後もある。トロッコで数百m奥まで見学した。




c0160933_20562586.jpg

c0160933_20564566.jpg


c0160933_17111092.jpg




c0160933_20571900.jpg
屋久杉工芸館
指宿にある屋久杉工芸館に寄った。


指宿フェニックスホテル
ホテルは海に近く見晴らしの良い場所にあった。部屋はさほど大きくなかったが、トイレ、洗面所、フロはそれぞれ独立しており使いかってが良かった。風呂は温泉だ。


c0160933_20575026.jpg

c0160933_20583927.jpg
c0160933_20590583.jpg







部屋の窓から
c0160933_22444541.jpg
部屋の窓から
c0160933_22455811.jpg
2017年3月18日

指宿温泉に近い山川製塩工場跡に行った。現在は製塩していないが、観光用に温泉の蒸気は噴き出していた。ここから開聞岳が良く見えた。ここ直ぐ側に「たまて箱温泉」がある。





c0160933_20595075.jpg

c0160933_22235063.jpg

c0160933_22241942.jpg


c0160933_22245354.jpg


c0160933_22252077.jpg


c0160933_22254711.jpg


番所鼻自然公園(南九州市)
ここは景色の良い所だ。開聞岳が綺麗に見えた。
c0160933_11161652.jpg


c0160933_22262052.jpg




c0160933_11221851.jpg


c0160933_22324163.jpg



c0160933_22331326.jpg

c0160933_22341768.jpg



この公園にタツノオトシゴの飼育所があった。

c0160933_22335592.jpg


c0160933_22353240.jpg




釜蓋神社(南九州市)


釜蓋を頭にのっけて運ぶん習わしがあるらしい。


c0160933_11225072.jpg



c0160933_22365998.jpg



大野岳(南九州市)(466m)


整備された階段の多い山だ。池田湖が見えた。頂上はあいにく小雨だった。


(頂上から)
c0160933_11332431.jpg


c0160933_22403302.jpg







(大野嶽神社)
c0160933_11254480.jpg


c0160933_11352785.jpg

池田湖
池田湖の側のレストランで昼食を食べた。


仙巌園(せんがんえん)(鹿児島市)
仙巌園は市の東北方向に少し離れた所にある島津家別邸(1658年)。

反射炉跡(世界文化遺産)
c0160933_11355932.jpg


c0160933_11404969.jpg


c0160933_11412988.jpg




c0160933_11415859.jpg




c0160933_22375026.jpg






蒲生の大楠
日本1の楠だ。樹齢約1500年、根周り33.5m、幹囲24.22m高さ約30m。
大楠は姶良市(あいらし)にあり、鹿児島空港まで車で約30分。


c0160933_11423038.jpg




c0160933_11430502.jpg


c0160933_22384503.jpg



c0160933_22393828.jpg






鹿児島空港

航空近くのこうじ蔵に寄った。20時35分のソラシドエア082便は約35分遅れて出発し、その遅れを伴って羽田に着いた。今回鹿児島の新しい所を旅できた。

c0160933_11542640.jpg










# by noritabi | 2017-03-22 18:50 |

2017年2月ベトナム・カンボジアの旅


2017年2月24日~3月2日ベトナム・カンボジアを旅した。TDは鈴木さん。

2017年2月24日18時30分にJAL0751は成田を出発し、上海近く通ってハノイに22時55分(時差2時間)に着いた。飛行時間は約6時間25分。宿泊ホテル・クラウンプラザは比較的静かな所にあった。


ホテルの窓からの風景

c0160933_11385833.jpg


ホテルの窓からの風景

c0160933_11383945.jpg

ホテル

c0160933_16545998.jpg
2月25日(土)
ホテルを8時位に出て、ハノイの東約150km(休憩入れて約4時間)のハロン湾に向かった。一般道路に沿って奥行の長い3階の建物が並ぶ。1階は台所、2階は親、3階は子供が使うらしい。所々に田んぼが見えた。田植えが行われていた。2期作だそうだ。。


c0160933_20134604.jpg


c0160933_20141392.jpg



ハロン湾
世界遺産(自然遺産)ハロン湾には、多くの島や奇岩(3000ほど)があるそうだ。しかし、一か所から見える島は10程度だ。海の色は青くは見えなかった。はさほど珍しい景色ではなかった。クルーズ船内でベトナム海鮮料理を食べた。船に海産物の売り込みがあった。シャコを食べた。船内、船外で土産品の激しい売り込みがあつた。

c0160933_17475584.jpg



c0160933_17484476.jpg


c0160933_17491292.jpg

c0160933_17493716.jpg


c0160933_17502297.jpg

c0160933_17511127.jpg

宿泊ホテル:ヴインパールハロンリゾート
宿泊ホテルは、ハロン湾で一番のホテルらしい。ホテルは島にあり、連絡の舟に乗る前にセキュリテイのチェクがあり、ホテルに入る時のチエクがあった。この島にはこのホテルしかないので、安全性は高い。

連絡の舟

c0160933_18134656.jpg

ロビー

c0160933_18140876.jpg

部屋から
c0160933_18142863.jpg

部屋から

c0160933_18150109.jpg

部屋から

c0160933_18152227.jpg

2月26日(日)
 ハロン湾からハノイに戻り、昼食後ハノイ市内観光をした。ホーチミン廟,一柱寺、ホアンキエム湖、旧市街電気カート観光した後、17時05分に空港からカンボジアのシェ
ムリアップに行った。1時間45分後にシエムリアップに着いた。


バイクの多い道路


c0160933_23262819.jpg


昼食レストラン

c0160933_23283697.jpg


ホーチミン廟


c0160933_23270570.jpg

ホチミン廟

c0160933_23272826.jpg



一柱寺
c0160933_23280276.jpg


ホアンキエム湖
c0160933_23291946.jpg

旧市街
c0160933_23301158.jpg


旧市街
c0160933_23304842.jpg

ハノイの空港(開港2年程度)

c0160933_23311673.jpg

シムリアップのホテル
ホテル・ソカ アンコール リゾートにPM7時30分位に着いた。比較的大きいホテルだ。日本人の従業員がいた。


ホテル玄関
c0160933_18224721.jpg
部屋の窓から

c0160933_18231345.jpg

部屋の窓からの朝日

c0160933_23074417.jpg



4月27日(月)
午前中アンコール・トムを見学した。アンコール・トムはアンコール遺跡の1つで世界遺産(文化遺産)だ。アンコールワットの北約3kmにある。朝、アンコールワットを右に小さく見ながら来た。アンコール・トムは城砦都市だ。周囲12km。



c0160933_21342735.jpg



c0160933_21350283.jpg

c0160933_21352002.jpg


c0160933_21355264.jpg


c0160933_21362950.jpg



c0160933_21365771.jpg



c0160933_21373952.jpg


c0160933_21381553.jpg

タムロ観光
昼食、休憩後、タプロムに行った。ここでは、遺跡に木が合体していた。



c0160933_21562861.jpg



c0160933_21564589.jpg


アンコール国立博物館
ここは撮影禁止であった。
ここにはアンコール遺跡の仏像等がたくさんあった。
博物館のパンフレットを掲載する。


c0160933_17412393.jpg
c0160933_17415445.jpg








夕食
宮廷舞踊アプサラの舞を見ながら夕食。


c0160933_21571252.jpg

2月28日(火)
バンテアスレイ遺跡
この遺跡はシエムリアップ北北東約40km(約1時間)にある。東洋のモナリザと呼ばれている。森の中にある。

入口
c0160933_23124181.jpg


最初の門
c0160933_23130694.jpg




c0160933_23133347.jpg




c0160933_23140390.jpg





c0160933_23143401.jpg


c0160933_23151220.jpg


c0160933_23154997.jpg

c0160933_23162211.jpg

c0160933_23165835.jpg

c0160933_23171920.jpg
シェムリアップに戻り、宿泊ホテルとは別なホテルで昼食(クメール料理)を食べた後宿泊ホテルに戻り、休憩した。


アンコール・ワット観光
PM3時にホテルを出てアンコール・ワットに向かった。


西参道(陸橋)側から西塔門(西大門)を見る

c0160933_17593785.jpg

中央祠堂

c0160933_23111166.jpg

中央祠堂前の左側
c0160933_23103042.jpg




中央祠堂前の池


c0160933_23113623.jpg
中央祠堂の右側


c0160933_23122843.jpg
中央祠堂前の左側

c0160933_23133461.jpg


祠堂側から西塔門側を見る

c0160933_23141063.jpg



祠堂の第三回廊側を見る

c0160933_18000111.jpg
第三回廊を上るための行列(猛暑の中1時間程またされる。)
c0160933_18002276.jpg

第三回廊から西塔門側を見る


c0160933_18011648.jpg


第三回廊から右側を見る
c0160933_18015695.jpg


第三回廊の内部



c0160933_18022356.jpg




祠堂に向かって右側の帰路

c0160933_23152663.jpg

3月1日(水)
ベンメリア遺跡観光
午前中、アンコール・ワットの東約40km(直線距離)の森の中にあるベンマリア遺跡を観光した。
東のアンコールワットと呼ばれている。
崩壊が激しく修復不可能らしい。



c0160933_22140117.jpg

c0160933_22142815.jpg


c0160933_22144893.jpg

c0160933_22151475.jpg




c0160933_22153070.jpg




c0160933_22215247.jpg


c0160933_22222133.jpg



c0160933_22224250.jpg



c0160933_22230567.jpg




c0160933_22234475.jpg

帰国
シエムリアップ発19時50分、ハノイ着21時35分、
3月2日ハノイ発00時25分、成田着7時10分JAL0752便で帰国した。



# by noritabi | 2017-03-06 11:40 |

久米島、はての浜、首里城、万座毛、古宇利島、今帰仁城、美ら海水族館の旅


2017年1月8日~10日に久米島、はての浜、首里城、万座毛、古宇利(こうり)島、今帰仁(なきじん)城、美ら海水族館の順に旅した。

(8日)
羽田7時55分発JAL903便は10時50分に那覇に着いた。

那覇12時55分発日本トラスオーシャン航空211便は、13時35分に久米島に着いた。久米島の天気は曇り。気温は21度。

c0160933_22200965.jpg
c0160933_22214492.jpg

空港から島を時計方向に回って観光した。

(五枝の松)

国指定の五枝の松を見た。

c0160933_22222807.jpg

c0160933_22230063.jpg
c0160933_22234154.jpg

(おばけ坂)

錯覚で坂が反対に見える場所に行った。確かに、坂が逆に見えるよな気がするが、周辺の景色を考慮すると、正常にも見える。

(ミーフガー(奇岩))

(比屋定バンダ)

c0160933_22244705.jpg


c0160933_22254054.jpg


c0160933_22264326.jpg


(奥武島・畳石)






c0160933_22273144.jpg

c0160933_22282128.jpg
c0160933_22293161.jpg



(久米アイランド)

ホテル久米アイランドは、海岸からさほど遠くない所にあった。プールがあり、リゾートホテルだ。

c0160933_22301711.jpg
c0160933_22310838.jpg
c0160933_22313634.jpg
c0160933_22352396.jpg
c0160933_22525482.jpg
c0160933_22541739.jpg

(9日)

(はての浜)

ホテルから10分程度海岸から海底を見ることのできる船ではての浜に向かった。所どころで魚を見ることができた。久米島から東5km程度はなれている“はての浜”は独立した無人島で、白い砂でできていた。 “はての浜”の中央は数mの高さがあった。西風が強かったので、東側の海岸を歩いた。久米島から“はての浜”近くまで幾つかの島が並んでいた。“はての浜”はきれいな島だ。貝殻を拾うことができる。帰りは普通の船で久米島に帰った。


c0160933_22321609.jpg

c0160933_22325210.jpg
c0160933_22332147.jpg

c0160933_22335275.jpg

c0160933_22544966.jpg


c0160933_22342661.jpg

昼食ホテル前
c0160933_22363573.jpg
昼食ホテル
c0160933_22371091.jpg


久米島14時15分のNU212便で那覇に向かい、約30分で那覇に着いた。その後、首里城公園を観光した。


c0160933_22404044.jpg
c0160933_22411201.jpg
c0160933_22414940.jpg
c0160933_22425528.jpg
c0160933_22494547.jpg


ホテルムーンビーチは、恩納村の海岸近くにあった。部屋にはベランダがあり、ベランダからは比較的左右が見渡せたが部屋からは隣との仕切りで見渡せなかった。

c0160933_22431958.jpg

(10日)

(万座毛)

万座毛は風が強かった。

c0160933_22434724.jpg

(古宇利(こうり)島)

古宇利大橋を渡った所のドライブインで下車し、古宇利大橋を見た。

c0160933_22442248.jpg

(今帰仁(なきじん)城跡)

世界遺産の今帰仁(なきじん)城跡は古宇利大橋かさほど遠くない所にあった。今帰仁(なきじん)城は14世紀ごろにできたらしい。石垣で囲まれている。歴史文化センターに出土品が展示されていた。



c0160933_22455914.jpg



c0160933_22445820.jpg
c0160933_22464249.jpg
c0160933_22471252.jpg


c0160933_22511969.jpg



c0160933_22474019.jpg
c0160933_22480193.jpg

c0160933_22482950.jpg

c0160933_22484938.jpg

(美ら海水族館)

ジンベイザメの餌やりを見ることができた。滝のように餌を吸い込んでいた。

c0160933_22574301.jpg
c0160933_22582349.jpg

(帰京)

那覇20時05分発JL920便は、羽田に約22時15分に着いた。


# by noritabi | 2017-01-23 23:01 |

鋸山、養老渓谷、濃溝の滝、東京ドイツ村、勝浦温泉の旅


2016年12月2日~3日に千葉県の鋸山、鹿野山神野寺、清水渓流公園(濃溝の滝)、勝浦ホテル三日月、養老渓谷、粟又の滝、小松寺、東京ドイツ村の順に旅した。

(鋸山)

鋸山はアクアラインの南約30kmの鋸南町にある。駐車場から山頂まで数百mだが急な階段が多いので疲れた。「地獄のぞき」のある山頂からの展望は素晴らしい。           





c0160933_18094955.jpg
c0160933_18105396.jpg

c0160933_18120339.jpg
c0160933_18123471.jpg


(鹿野山神野寺)

鹿野山神野寺は鋸山から約東方向20km程の山の中にある。紅葉の見頃は過ぎており、紅葉の残りは少なかった。もみじの木は相当あるが、ほとんど落葉状態であった。

c0160933_18132071.jpg

c0160933_18135021.jpg


c0160933_18143172.jpg
c0160933_18152177.jpg



(清水渓流公園)

鹿野山神野寺から鴨川方向に少し南下した所に清水渓流公園がある。濃溝の滝が有名だ。

c0160933_18174650.jpg
c0160933_18182309.jpg
c0160933_18201271.jpg


(勝浦ホテル三日月)

ホテルは比較的良かった。窓から海が見える所だ。天皇、皇后の宿泊の記念碑があった。

c0160933_18210054.jpg

c0160933_18213852.jpg
c0160933_18221329.jpg

(養老渓谷)

勝浦から40分ほど北の養老渓谷の紅葉は見頃を少し過ぎていた。川底の岩の段差による流れの変化が良かった。川に沿う散策路はぬかりみが多い。

c0160933_18323630.jpg
c0160933_18331290.jpg


c0160933_18334943.jpg
c0160933_18341361.jpg

c0160933_18344455.jpg

(粟又の滝)
粟又の滝は養老渓谷の近くにある。駐車場から滝までは50m程度下りなければならない。

c0160933_18352871.jpg

c0160933_18355177.jpg

(小松寺)

紅葉は見頃であった。

c0160933_18364525.jpg
c0160933_18371374.jpg




c0160933_18461106.jpg






(東京ドイツ村)

土曜日のためか激しい混雑でイルミネーションをゆっくり見れなかった。

イルミネーションの数は多いが、テーマが良く理解できなかった。

c0160933_18392251.jpg
c0160933_18394887.jpg
c0160933_18401363.jpg

c0160933_18404819.jpg


c0160933_18412616.jpg

c0160933_18415079.jpg





# by noritabi | 2016-12-11 18:30

森林公園紅葉情報


2016年11月17日に森林公園に行った。森林公園の紅葉はほぼ見頃であった。ライトアップが既に行われていた。紅葉を見るのは、ライトアップ時より太陽の下の方が良い。

c0160933_21072921.jpg
c0160933_21081068.jpg
c0160933_21084253.jpg
c0160933_21090204.jpg
c0160933_21092636.jpg
c0160933_21100182.jpg
c0160933_21103059.jpg
c0160933_21110249.jpg
c0160933_21112965.jpg
c0160933_21115312.jpg
c0160933_21121505.jpg


# by noritabi | 2016-11-18 21:12

松本・アルプス公園の紅葉・弘法山・槍ヶ岳


2016年11月8日に松本のアルプス公園の紅葉を見に行った。今年の紅葉は例年より1週間程度遅いような気がする。まだ、十分見ることができた。

c0160933_20460042.jpg
c0160933_20462191.jpg
c0160933_20464334.jpg

松本・弘法山古墳

11月12日に弘法山古墳に行った。好天のため松本市が眼下に見え、遠くに北アルプスの常念岳、この左側にわずかに槍ヶ岳が見えた。槍ヶ岳が見られるのは珍しい。松本駅でもみえるらしい。

c0160933_11543644.jpg
c0160933_11545833.jpg
c0160933_11552649.jpg
                  中央の小さな尖った山が槍ヶ岳


# by noritabi | 2016-11-18 20:47

紅葉の鳴子峡、最上川、荒川峡、玉川寺、平泉、あつみ温泉、銀山温泉の旅

2016年10月30日、31日、11月1日に山形県の米沢、米坂線の小国駅・・越後片貝駅、新潟県の荒川峡(鷹ノ巣吊橋)、山形県のあつみ温泉、国見山玉川寺、酒田、最上川川下り、銀山温泉、宮城県の鳴子峡、岩手県の平泉の順に旅した。TDは荒井さん。

第1日目(10月30日)

(米坂線沿線)

つばさ129号は米沢に11時4分に着いた。先ず、米沢の「炭火焼肉いろり」で昼食(しゃぶしゃぶ)を食べた。美味しかった。次に、バスで新潟県の村上方向に向かった。途中、米坂線の小国駅ー越後片貝駅間は電車で移動した。この途中に山形と新潟の県境がある。米坂線は、荒川に沿った山と山との間にある。この沿線の紅葉はきれいだ。

荒川峡(鷹ノ巣吊橋)(新潟県)

 鷹ノ巣吊橋は越後片貝駅の近くだ。橋の近くに数軒の宿があり、静かな所だ。

あつみ温泉たちばなや

 あつみ温泉は2回目だ。たちばなやは、前回宿泊した萬国屋の隣にあった。くつろげる良いホテルだ。



米沢の「炭火焼肉いろり」

c0160933_11270551.jpg

米沢の街

c0160933_11275799.jpg




米坂線沿線の紅葉
           

c0160933_11281408.jpg


米坂線の小国駅

c0160933_11284787.jpg



c0160933_11291173.jpg


吊橋
c0160933_11294632.jpg
吊橋から
c0160933_11301968.jpg



c0160933_11304840.jpg


ホテルたちばなやの中庭
c0160933_11312217.jpg

ホテル玄関
c0160933_11315055.jpg

2日目(10月31日)

玉川寺(ぎょくせんじ)

 あつみ温泉を出て玉川寺に行った。玉川寺は1251年に開山された曹洞宗の寺で、羽黒山の最初の鳥居の近くにあった。

住職に寺の聞いた後、菓子と抹茶を戴き、その後、庭を散策した。立派な庭だ。

c0160933_18070435.jpg
c0160933_18075109.jpg
c0160933_18082154.jpg
c0160933_18084682.jpg
c0160933_18090816.jpg
c0160933_18093071.jpg

c0160933_21153408.jpg




酒田

酒田の山居倉庫を見た後、酒田のホテルで昼食(庄内産地魚のフレンチ)を食べた。

c0160933_18102678.jpg

最上川舟下り

酒田の東南約30kmで最上川舟下りをした。7月に来たホテル高見屋別邸・紅の近くだ。最上川の両側は紅葉の見ごろだった。あいにくの雨であったが、舟には屋根や窓がついていたので問題なかった。
          舟乗り場

c0160933_18111897.jpg

c0160933_18114099.jpg
           途中の休憩所
c0160933_18121368.jpg
c0160933_18124175.jpg
c0160933_18131850.jpg
                 下船所
c0160933_18135327.jpg
c0160933_18142743.jpg

銀山温泉

銀山温泉のホテルは7月と同じ「銀山荘」。銀山温泉の近くも紅葉の見頃であった。

c0160933_18153802.jpg
c0160933_18160509.jpg
                               カレーパンの店
c0160933_18164775.jpg
                          温泉街の奥の滝
c0160933_18170965.jpg

3日目(11月1日)

鳴子峡

銀山温泉を出て約1時間で鳴子峡に着いた。幸運にも雨はふっていなかった。鳴子峡は素晴らしい所だ。紅葉は見頃だった。また来たいところだ。

c0160933_21554632.jpg
c0160933_21560838.jpg

c0160933_21564247.jpg
c0160933_21573255.jpg

c0160933_21580150.jpg

c0160933_21583652.jpg

c0160933_21591877.jpg
c0160933_22011077.jpg

中尊寺

中尊寺近くのしづか亭で前沢牛の握り寿司付そばご膳を食べた後、中尊寺に行き、金色堂等を見た。中尊寺の紅葉もほぼ見頃だった。


c0160933_22021167.jpg
c0160933_22030418.jpg
c0160933_22040507.jpg
c0160933_22043904.jpg

c0160933_22052746.jpg
c0160933_22060814.jpg

仙台17時44分の新幹線で無事帰った。







# by noritabi | 2016-11-13 11:46

紅葉の松川渓谷、志賀高原の旅(10月24日)


10月24日はこの秋一番の好天であったので、紅葉の松川渓谷、志賀高原に行った。

松川渓谷は紅葉の見ごろと思うが、色付きは少し悪いと思った。観光バスが相当来ていた。

山田牧場で、天然のきのこ汁を食べた。数種類のきのこが入っており、美味しかった。

山田牧場から上で、落葉した白樺が多く見られた。落葉した白樺もきれいだ。好天のため北アルプスがはっきり見えた。

笠ケ岳を通って熊の湯に出て、292号線で志賀高原に行った。熊の湯では温泉が噴き出ていた。

志賀高原の蓮池の紅葉もほぼ終わりだ。

天ケ原に寄った後、湯田中、中野を経由して長野駅に向かった。湯田中はまだ紅葉していなかった。

松川渓谷

c0160933_21135202.jpg

山田牧場

c0160933_21143971.jpg

白樺,北アルプッス

c0160933_21163371.jpg

c0160933_21172128.jpg


c0160933_21180335.jpg
c0160933_21183753.jpg

熊の湯

c0160933_21191917.jpg

志賀高原の蓮池

c0160933_21201623.jpg

天ケ原

c0160933_21211708.jpg







# by noritabi | 2016-10-26 21:24 |

黒部アルペンルート、飛騨高山、白川郷の旅


2016年10月7日、8日に飛騨高山、白川郷、黒部アルペンルートをツアー(TD石井さん)で旅した。

(飛騨高山)

川越、姨捨、平湯、飛騨高山の順に移動した。安房峠のトンネル入り口近くはまだ紅葉していなかった。上高地の紅葉も遅れているようだ。高山の町の南端の神明大駐車場に車を停め、高山陣屋、古い町並み等を散策した。同じような街並みが続くので全部は見ないで、喫茶店で休憩した。

c0160933_21353280.jpg


c0160933_21364905.jpg



c0160933_21372439.jpg

c0160933_21375588.jpg


(白川郷)

高山から約1時間で白川郷に着いた。高速のインター近くの駐車場からであい橋を渡って白川郷に入った。以前来た時には高速道が全線開通しておらず、であい橋もなかった。駐車場前に野外博物館の合掌造り民家園があった。であい橋を渡り、白川郷に入り、明善寺近くを散策した。以前内部を見学した合掌造り民家はどこにあるのか不明だった。外国人が多かった。

c0160933_21384762.jpg


c0160933_21395028.jpg



c0160933_21405170.jpg



c0160933_21425216.jpg



c0160933_22141279.jpg





(ANAクラウンプラザホテル富山)

宿泊ホテルは富山城の前にあった。

c0160933_21474413.jpg




c0160933_21483464.jpg



c0160933_21500101.jpg





(黒部アルペンルート)

今日8日は、今回の旅の第1の目的の黒部アルペンルートだ。7時20分にホテルを出て徒歩約15分の富山駅に向かった。今にも雨が降りそうな天気だ。

電鉄富山駅で7時52分発の立山行きに乗り、9時01分に着いた。立山町に入ると数か所で「ようこそ立山」の横断幕を持った人々の歓迎を受けた。

(立山駅)

立山駅には結構多くの人がいたが立山ケーブルカーに比較的早く乗れた。ただし、座ることはできなかった。標高475mの立山駅から7分で標高977mの美女平に着いた。

美女平には数台の立山高原バスが待っていたのでそれほど待たずに乗れた。ここは定員制で全員座ることができる。約1時間で室堂に着いた。途中、称名滝を車窓から見た。弥陀ケ原(1930m)位まで少し紅葉していたが、これから上はほとんど落葉していた。途中から雨が降り始め、

立山駅少し前


c0160933_21445333.jpg
立山駅

c0160933_22434678.jpg


c0160933_22443106.jpg


c0160933_22450325.jpg









美女平の少し上の大杉
c0160933_21533733.jpg



c0160933_21541307.jpg

弥陀ケ原

c0160933_21544235.jpg


c0160933_21551436.jpg
室堂近く

c0160933_21553260.jpg

(室堂)

室堂では外に出ることができなかった。待合室で弁当を食べた後、上の喫茶店で休憩した。

室堂駅の中は混雑していた。











(大観峰、黒部平)

立山トロリーバスを下りるとやはり雨だった。窓から少し見えた外の風景を撮影した。標高2316mの大観峰から標高1828mの黒部平までの立山ロープウエイに乗った時には雨が止んだ。紅葉の山が眼下にあった。黒部平では外にでることができた。ここには庭園があった。紅葉の黒部をやっと撮影できた。1828mの黒部平から1455mの黒部湖までケーブルカーで下りた後、黒部ダムの上を散策し、黒部ダム・扇沢間のトロリーバスに乗った。トロリーバスは数台運行されるので、1度に相当乗れるが、遅くなると座れない。



大観峰から

c0160933_21592514.jpg

ロープウエイーから
c0160933_22001192.jpg
黒部平


c0160933_22104654.jpg





c0160933_22004800.jpg
c0160933_22012452.jpg
c0160933_22014682.jpg

c0160933_22021414.jpg


c0160933_22024826.jpg


c0160933_22032158.jpg

c0160933_22044736.jpg
黒部湖


c0160933_22051150.jpg

c0160933_22053796.jpg
ダムから
c0160933_22061406.jpg



c0160933_22065519.jpg
黒部湖
c0160933_22074026.jpg
c0160933_22082275.jpg
黒部湖から

c0160933_22085840.jpg

c0160933_22094620.jpg






(扇沢、安曇野)

扇沢はまだ紅葉していなかった。晴れ間が出始め、大町、安曇野のゆったりした景色が見られた。

(黒部アルペンルートの感想)

黒部アルペンルートにもう一度来たいかと聞かれたら、乗り物が楽に乗れること、天気が良いことの条件が満たされれば、来たい。黒部アルペンルートより紅葉時の黒部峡谷のトロッコ列車の方が綺麗だと思う。黒部峡谷のトロッコ列車は標高差の少ない所を走るので、始まりから終わりまで同じように紅葉している。


# by noritabi | 2016-10-11 22:50 |

カナデイアンロッキーの旅


2016年9月20日~27日にカナデイアンロッキーを旅した。(TD:加々美さん)

日程は次の通り。

1日目(9月20日火)

羽田21時50分発・・バンクーバー着14時55分着(所要時間約9時間)

1.バンデューセン植物園 2.グランビルアイランド

3.オリンピック聖火台(車窓)

4.バンクーバー宿泊ホテル:エンパイアランドマーク

2日目(9月21日水)

  1. オカナガン :オカナガン湖  バーノン:フルーツ農園

2.バーノン宿泊ホテル:サンドマンイン

3日目(9月22日木)

  1. ハルシオン (温泉)

  2. レイクルイーズ宿泊:フェアモント シャトー レイクルイーズ

4日目(9月23日金)

 1.バンフ国立公園   2.ジャスパー国立公園

 3.バンフ宿泊ホテル:フェアモント バンプ スプリング

5日目(9月24日土)

 1.ヨーホー国立公園  2.クートネイ国立公園

 3.グレーシャー国立公園  4.マウントレベルストーク国立公園

 5カムループス宿泊ホテル:コーストカムループスホテル&カンフアレンスセンター

6日目(9月25日(日))

  1. ウィスラー観光:ロストレイクまでのミニハイキング

  2. ウィスラー宿泊ホテル:エーヴア ウイスラー ホテル

7日目(9月26日月)

  1. シートゥースカイゴンドラ乗車

  2. バンクーバー市内観光:スタンレーパーク

    帰国:バンクーバー発16時20分発NH0115便

8日目(9月27日火)

羽田約18時着(所要時間約9時間30分)


(第1日目)

羽田に台風が接近していたがNH0116便(B787)は予定の21時50分にバンクーバーに向かった。バンクーバーの街が上空から良く見えた。予定通り約14時55分に着き、専用バスに乗り換えた後、現地ガイド宮崎さんの案内で観光に出た。車窓から空港とウォーターフロント駅とを結ぶ新交通システムのカナダラインの高架橋が見えた。

先ず、バンデューセン植物園に行った。ここは5月中旬~6月上旬に咲くキバナフジで有名な所だ。園内には日本では見られない多くの花が咲いていた。楓と思われる黄葉が見られた。ゴルフ場跡に造られたこの植物園は、道に迷うほど広いそうだ。

次にグランビルアイランドのマーケットに行った。ここには色々な物が売られていた。

夕食はホテルから10分ほど離れた店で中華風料理を食べた。

宿泊ホテルのエンパイアランドマークは高層ビルであり、窓から外が良く見えた。しかし、部屋は狭かった。




(飛行機から)
c0160933_17191349.jpg
c0160933_17192527.jpg


(新交通システム)
c0160933_17195864.jpg


(植物園近くの風景
c0160933_17202145.jpg


(植物園入口)
c0160933_17204089.jpg
c0160933_17205615.jpg
c0160933_172194.jpg



(キバナフジ)
c0160933_17234115.jpg

c0160933_17212694.jpg
c0160933_17214052.jpg
c0160933_17215691.jpg


(グランビルアイランド)
c0160933_17224171.jpg


(ホテル)
c0160933_1723029.jpg
(ホテルの窓から)
c0160933_17231439.jpg

2日目(9月21日水)

バンクーバー宿泊ホテルを7時30分に出て、カナディアンロッキーに向かう旅が始まった。

バンクーバーから東の方に約2時間移動し、ホープ(hope)でトイレ休憩。ホープは交通の要所らしい。

ホープから東北方向に1時間30分程進んだメリット(merritt)で再びトイレ休憩。

メリットから東に1時間30分程進んだケロウナ(kelowna)の湖畔のサマーヒルピラッド ワイナリーでワインを試飲する。アイスワインは、完熟したブドウを冬まで木に残し、これを摘んで作ったものであり、高価だ。甘口のジュースのようだった。ワイナリーの横の湖の見えるレストランで昼食(紅サケのソテー)を食べた。

ケロウナから北方向に1時間30分程進んだバーノンのディヒソン果樹園に寄った。トロッコで果樹園を回った。果樹園の大部分がリンゴ畑だ。途中でリンゴ狩りをした。

果樹園からさほど遠くないバーノンの宿泊ホテル サンドマンインは2階建ての新しいホテルだ。部屋は比較的広かった。夕食は近くのレストランでサラダ、ミートローフと温野菜、アイスクリーム。バンクーバーとカナデイアンロッキーとのほぼ半分まで来た。

ホープ(hope)


c0160933_11103505.jpg




c0160933_11111312.jpg

黄葉の山


c0160933_11115146.jpg



メリット(merritt)



c0160933_11132503.jpg



ケロウナ(kelowna)の湖畔のサマーヒルピラッド ワイナリー



c0160933_11142558.jpg



c0160933_11150092.jpg

c0160933_11152798.jpg





ディヒソン果樹園

c0160933_11161791.jpg



c0160933_11165910.jpg



c0160933_11171946.jpg




c0160933_11213454.jpg


バーノンの宿泊ホテル サンドマンイ

c0160933_11221053.jpg


3日目(9月22日木)

朝食(パンケーキ等)をホテルに隣接するデニーズで食べ、ホテルを7時30分に出て、ハルシオンに向かった。朝もやの景色が幻想的に続いた。多分、バーノンからほぼ北上し、シカマスで右に曲がり、レベルストーク少し前で南下してフエリー乗り場のシエルターベイに行った。途中、バスの直ぐ側を通る3頭の子熊を見た。残念なことにカメラが間に合わず、撮影できなかった。

ハルシオン温泉はフエリーを下りて約10分の川の側の高台にあった。温泉は日本の温泉に比べて大分落ちる。温泉に入らない人は川まで散策した。

フエリーの待ち時間に弁当(ハンバーガー)を食べた後、フエリーでシエルターベイに戻り、来た時と逆に北上し、レベルストークを通り過ぎ、ロジャースパスでトイレ休憩してのホテルに向かった。

やっと、レイクルイーズ(ルイーズ湖)の湖畔のホテル・フェアモント シャトー レイク ルイーズに到着した。ルイーズ湖は氷河湖のため岩紛が含まれエメラルドであった。カナディアンロッキーの多くの湖はほとんど氷河湖である。)明るい内の到着であったので、湖畔を散策した。ルイーズ湖とこの西側にあるビクトロリア山(3466m)、ビクトロリア氷河、湖左側のフエアビユー山(2744m)、湖右側のデヴィルサムセントピラン山等との組み合わせが美しかった。

レイクルイーズはバンプ国立公園内にあり、バンプ国立公園は世界遺産「カナデイアンロッキー山岳公園群」に属する。世界遺産「カナデイアンロッキー山岳公園群」は、バンフ国立公園、ジャスパー国立公園、ヨーホー国立公園、クートニー国立公園と3つの州立公園とからなる。レイクルイーズには商業施設は見当たらない。

ホテルの部屋は山側であったが、湖は散策で十分見たので山側でも特に問題なかった。部屋の窓から東側の雪山が見えた。

夕食はホテル内のレストランLAGOで人参と生姜のポタージュ、虹鱒とエビのソテー、ケーキ。

バーノン近くの朝もや風景

c0160933_12340908.jpg




バーノン近くの朝もや風景




c0160933_12343450.jpg





ハルシオン近くの風景(熊を見た近く)


c0160933_12350466.jpg





ハルシオン近く



c0160933_12353303.jpg



フエリー乗り場



c0160933_12355397.jpg


フエリー乗り場




c0160933_12361964.jpg





ハルシオンの川




c0160933_12365052.jpg


トイレ休憩のロジャースパス


c0160933_12373708.jpg



トイレ休憩のロジャースパス



c0160933_12380344.jpg

黄葉の山




c0160933_12382587.jpg




レイクルイーズ




c0160933_12385775.jpg



c0160933_12393188.jpg


c0160933_12400058.jpg


c0160933_12403608.jpg





c0160933_12412328.jpg





c0160933_12420874.jpg


c0160933_12425350.jpg


ホテル
c0160933_12433920.jpg

部屋の窓から
c0160933_12442717.jpg

(4日目:9月23日金)

ホテルを9時に出て世界遺産カナディアンロッキーの観光を開始した。現地ガイド高野さん。

(バンフ国立公園モレーン湖)

先ず、レイクルイーズのホテルの少し南方にあるモレーン湖(バンフ国立公園内、標高1884m)に行った。駐車場から少し上がってエメラルドのモレーン湖を見た。天気にも恵まれ、きれいなモレーン湖をみることができた。

(バンフ国立公園ペイト湖)

次に、レイクルィーズより北側にあるペイト湖(標高1880m)に行った。ここでは、少し雪のある道を靴に滑り止め(500円で借りる)を付けて展望台まで進んだ。

ペイト湖から北に向かった。途中、車窓からキャスルマウンテン、クロウフット氷河、スノーバンド氷河を見ることができた。なお、ペイト湖より少し南にあるボウ湖(バンフ国立公園内、標高m)は時間の都合でジャスパー国立公園の帰りに見ることにした。

(ジャスパー国立公園)

バンフより北に進んでジャスパー国立公園のコロンビア アイスフイードセンターで昼食(中華風バイキング)を食べた後、雪上車観光に出た。コロンビア アイスフイードセンターはアサバスカ氷河を一望できる位置にある。コロンビア大氷原のアサバスカ氷河の上に降り、氷河の上を少し歩いた。アサバスカ氷河は風が吹くことが多いらしいが、今日はほぼ無風で寒さを感じなかった。

(バンフ国立公園のボウ湖)

次に、南下し、バンフ国立公園のボウ湖に寄った。

(バンフの街)

更に、南下し、次の宿泊地のバンフの街に行った。バンフの街は比較的賑やかで、OKギッフト店で買い物をした。バンフの街の近くに独特な形の山があった。

ホテル・フエアモント バンフ スプリングス

バンフのホテル・フエアモント バンフ スプリングスは、商店街から少し離れた所にあった。有名なホテルらしいが、前日のホテルのように景色の良い所にあるわけではないのでこのホテルを選ぶ理由はさほど無いと思った。むしろ部屋の広い近代的ホテルが好きだ。

夕食はホテル(アルバータ牛のプライムリブ等)

(バンフ国立公園モレーン湖)

c0160933_11012363.jpg


c0160933_11015425.jpg


c0160933_11022959.jpg

(バンフ国立公園ペイト湖)


c0160933_11031041.jpg


c0160933_11034150.jpg

c0160933_11040619.jpg

c0160933_11044186.jpg

(ジャスパー国立公園)

c0160933_11051738.jpg



c0160933_11060505.jpg

c0160933_11064418.jpg

c0160933_11081612.jpg


c0160933_11093272.jpg


c0160933_11152614.jpg

(バンフ国立公園のボウ湖)



c0160933_11110609.jpg

(バンフの街)

c0160933_11114666.jpg



c0160933_11121544.jpg

ホテル・フエアモント バンフ スプリングス

c0160933_11124847.jpg

c0160933_11133339.jpg

c0160933_11140827.jpg


c0160933_11150333.jpg

(5日目:9月24土)

バンフのホテルを9時に出て世界遺産のクートネイ国立公園に向かった。

(クートネイ国立公園)

クートネイ国立公園はバンフ国立公園の西側にある。クートネイ国立公園内のマーブル渓谷に行くためにバンフの街から北上し、バンプとレイークルイーズとのほぼ中間で左折し、少し西に進んだ後に南下したところにある。この走行中、左側車窓にバーミリオン湖やサルファー山を見ることができた。マーブル渓谷は岩の割れ目から成る。割れ目の底に水が流れていた。マーブル渓谷を45分位ミニハイキングした。マーブル渓谷の側に山火事のあとがあった。

(ヨーホー国立公園)

ヨーホー国立公園はクートネイ国立公園の北側で、バンフ国立公園の西側にある。マーブル渓谷からバンフの街とレイクレイーズとを結ぶ道路に戻り、北上してレイクレイーズを通り過ぎた所で西に曲がり、ヨーホー国立公園に行った。

(ナチュラル・ブリッジ)

先ず、西に進む道路から分岐して北に進み、先ずナチュラル・ブリッジに寄った。落差の小さい滝がある珍しい所だ。

エメラルド・レイク

エメラルド・レイクはナチュラル・ブリッジを北上した所にある。エメラルド・レイクは静かな所だ。45分程湖畔を散策した。

昼食は湖畔のレストランでサンドイッチ。

(グレーシャー国立公園)

グレーシャー国立公園は、ヨーホー国立公園から西に進んだところにある。グレーシャー国立公園でトイレ休憩してコロンビア山脈を眺めた。ロジャースパスは約1300mの高い所にある。

(マウントレベルストーク国立公園)

マウントレベルストーク国立公園はグレーシャー国立公園の西にある。ジャイアントシダートレイルを30分程度散策した。ジャイアントシダートレイルには杉の大木が茂り、階段状の木道がある。カナデイアンロッキーの山と全く違う。

(カムルーブス)

マウントレベルストーク国立公園から次の宿泊地カムルーブスに向かって西に移動した。カムルーブスは田舎街だ。

ホテルは、コーストカムルーブス ホテル & カンファレンスセンター

今日は550kmの長い移動だった。

(クートネイ国立公園 マーブル渓谷)


c0160933_10360185.jpg




c0160933_10405883.jpg



c0160933_10412637.jpg


c0160933_10415239.jpg


c0160933_10421841.jpg

c0160933_10424949.jpg
c0160933_10431327.jpg
c0160933_10434871.jpg

c0160933_10443067.jpg



(ヨーホー国立公園・ナチュラル・ブリッジ)

c0160933_10445886.jpg
c0160933_10474871.jpg

c0160933_10483067.jpg


ヨーホー国立公園・エメラルド・レイク



c0160933_10491191.jpg


c0160933_10500741.jpg

c0160933_10503958.jpg


c0160933_10511074.jpg


c0160933_10515345.jpg

c0160933_10521727.jpg

c0160933_10531777.jpg
c0160933_10534700.jpg


c0160933_10541716.jpg


c0160933_10545966.jpg

c0160933_10562187.jpg








(グレーシャー国立公園)

c0160933_10584445.jpg

c0160933_10592016.jpg

c0160933_10595554.jpg

(マウントレベルストーク国立公園・ジャイアントシダートレイル)


c0160933_11010326.jpg

c0160933_11013099.jpg

c0160933_11022741.jpg



(カムルーブス)

途中の風景

c0160933_11033588.jpg
貨物列車


c0160933_11064516.jpg


(ホテル:コーストカムルーブス ホテル & カンファレンスセンター)


            ホテルの前

c0160933_11041346.jpg

                 ホテル
c0160933_11060315.jpg


(6日目:9月25日日)

カムルーブスのホテルを8時に出てウイスラーに向かった。ウイスラーまでは約300km、所要時間約4時間30分だ。カムルーブスからウイスラーまでは、大きな湖や深い渓谷に沿う所があり、飽きない区間だ。線路が近くにある所もあり、長い貨物列車が見えた。

途中のLillooetの町でトイレ休憩。

ウイスラー

ウイスラーのホテルに荷物を置いて先ず街に出て、ホテルから数分のレストランでフラットブレット(ピザ)等の昼食。ここで現地ガイドの庄司さんと川俣さんのガイドでウイスラーの街のオリンピックプラザ等を散策した後、ネィチャートレイル経由でロストレイクまで行き、遊歩道を通りホテルに戻った。ネィチャートレイルでは、熊の爪痕がある木があっつた。ロストレイクは市民の遊び場のような所だ。ウイスラーの街はスキー場に隣接した新しい街だ。

宿泊ホテル:エーヴァウイスラーホテル・・新しいホテルで部屋も広かった。

夕食:ホテルの直ぐ前のレストランでステーキ及びロブスター等を食べた。

途中の湖

c0160933_21451403.jpg



途中の深い渓谷

c0160933_21455339.jpg


c0160933_21463018.jpg



c0160933_21465491.jpg





途中のLillooetの町(トイレ休憩)



c0160933_21472274.jpg
途中の風景


c0160933_21482163.jpg




ウイスラーの街

c0160933_21512775.jpg

c0160933_21524858.jpg

c0160933_21541390.jpg





c0160933_22092886.jpg






ロストレイク

c0160933_21492954.jpg
c0160933_21573423.jpg

遊歩道

c0160933_21562590.jpg

宿泊ホテル:エーヴァウイスラーホテル

c0160933_21582233.jpg

7日目(9月26日)、8日目(最終日)

9時にウィスラーから南下して約140km先のバンクーバーに向かった。途中、進行方向右にタンタルス州立公園の山が見えた。

シュトゥースカイ(Sea to Sky)ゴンドラ

ウィスラーとバンクーバーのほぼ中間の町(スコーミッシュ)で進行方向左にあるゴンドラに乗った。このゴンドラは、海抜ほぼゼロから標高885mのサミット展望台まで約10分で到達した。展望台近くには長さ100m程度の吊橋があった。下にはフィヨルドが見えた。天気が良かったので遠くまで見えた。面白い観光地だ。

バンクーバー(スタンレーパーク)

バンクーバーの市内を車窓から見た後、スタンレーパークに行った。月曜日にもかかわらずかなりの人がいた。スタンレーパークはバンクーバー北西の半島にある。広場を散策した後、空港に向かった。

途中の山

c0160933_17401590.jpg
ゴンドラ乗り場


c0160933_17430534.jpg
ゴンドラ

c0160933_17440784.jpg
吊橋


c0160933_17450330.jpg




c0160933_17454767.jpg


c0160933_17462793.jpg


バンクーバー

c0160933_17471149.jpg


c0160933_17481784.jpg
公園
c0160933_17484255.jpg


c0160933_17490892.jpg

c0160933_17494022.jpg
空港

c0160933_17500166.jpg



帰国

バンクーバー発16時分のNH0115便(B787)で帰国した。羽田に予定の9月27日18時30分より少し早く着いた。

カナダ旅行の感想

1.カナデアンロッキーとオーロラとの組合ツアーも検討したが、カナデアンロッキーを主にする今回のコース選択は間違っていなかった。

2.バンクーバーからカナデアンロッキーに行く場合、カルガリーまで飛行機を使い、そこからバンフまで車で移動する方法もあるが、自然を楽しむという点で今回のコースが良かった。

3.カナデアンロッキーの観光を9月20日~27日選んだのは良かった。雪山と黄葉の両方が見られた。この時期がベストシーズンと思う。多分、このシーズンは夏より混雑していないと思う。

4.航空機における防音対策を進める必要があると思う。耳栓では不十分だ。ヘッドホンでもある程度可能だが、寝る時に邪魔になる。耳栓に代わる性能の良い防音対策はないだろうか。今回、バンクーバーから羽田までの半分以上の時間、小さい赤ちゃんが泣き続けた。



# by noritabi | 2016-09-29 17:11 |

ゆうすげが咲く榛名湖、伊香保温泉の旅


8月24日~26日に伊香保グランドホテルに行った。
24日は、伊香保を散策し、ハワイ王国時代の公使別荘跡、伊香保温泉関所跡等を見た。
25日は、朝雨が強く降っていたので、榛名神社に行くのをやめ、榛名湖近くの草原を散策した。草原には、ゆうすげ、マツムシソウ、見たことがない赤い花等が咲いていた。
26日は、伊香保ロープウエーで約932mまで上がり、森林公園を散策した。ロープウエーで下山した後、ここから5~6百mの伊香保神社、更にここから5~6百mの源泉等を見た。その後石段を下りホテル近くにあるソバ屋に行った。前に来た時うまかったので期待したが、期待外れでがっかりした。今日は坂道が多くて疲れた。

(ゆうすげ)
c0160933_16194242.jpg



(マツムシソウ)
c0160933_16195732.jpg


(赤い花)
c0160933_1620916.jpg


(木道)
c0160933_16202182.jpg

# by noritabi | 2016-09-11 16:26 |

夏の戸隠奥社


2016年8月5日(金)
しばらくぶりに戸隠奥社に行った。みどり池から参道入口まで木道を歩き、入口から一直線に伸びる奥社参道を歩いた。以前より人が多かった。ほぼ中間の随神門と杉並木のあたりはほぼ平坦だが、最後の数百mは上り坂で階段だ。安全のためにも杖を持ってくればよかった。奥社参道は、静けさと自然のある世界一の参道だと思う。戸隠そばを食べて帰った。

c0160933_11492253.jpg


c0160933_11493952.jpg
c0160933_11494926.jpg
c0160933_1150258.jpg
c0160933_11501679.jpg

# by noritabi | 2016-08-06 11:52 |

山形県・ローカル線、萬国屋、酒田、丸池様、玉簾の滝、銀山荘、月山、山寺の旅

2016年7月24,25,26日に山形県(ローカル線、萬国屋、酒田、丸池様、玉簾の滝、銀山荘、月山、山寺)を旅した。(TD今井さん)
7月24日(日)
大宮9時48分のやまびこ131号は、福島駅に10時46分に着いた。ここからバスで米沢から北に30km程度離れた長井駅に行った。福島県と山形県との県境は山岳地帯だ。長井駅(12時59分発)から荒砥駅(終点)(13時19分着)までローカル線でのんびり移動した。山形鉄道の人が案内のために同乗した。再びバスであつみ温泉萬国屋(ばんこくや)に向かい、4時ごろ着いた。あつみ温泉は鶴岡市の中心から10kmほど南に離れ、海岸から1kmほど離れている。萬国屋は温海川に沿った静かなところにある。
7月25日(月)
ホテルを出て酒田市の山居倉庫を見学した。ここは映画やポスターの撮影に利用されるらしい。次に、鳥海山のすその丸池様に行った。丸池様は遊佐町にあり、酒田の中心から約20km北にある。これは白神山地の青池に似た小さな池だ。見る方向によって異なる色に見える。近くの湧き水の川に梅花藻が咲いていた。
次に、玉簾の滝に行った。ここは、酒田市に属し、丸池様から西約10kmにある。玉簾の滝はきれいだ。
次に、約30km南下し、酒田の東南約30kmの高見屋別邸・紅で昼食(ぶたしゃぶランチ)を食べた。高見屋別邸・紅は最上川に面し、川下りの船が見えた。
次に、高見屋別邸・紅から東南方向に移動し、最上川、山形新幹線から約10km東にある尾花沢市の銀山温泉の銀山荘に行った。15時30分頃着いたので、温泉街を散策した。温泉街の奥に滝があった。ホテルの部屋に外が見える温泉の風呂があった。夜、部屋の前の山がライトアップされ幻想的になった。東山魁夷の世界だ。
7月26日(火)
ホテルを8時に出て月山に向かった。羽黒山への道路との分かれ道に9時25分位に着き、
ここから月山高原ライン約18km走り、8合目駐車場に10時30分位に着いた。運よく途中でのすれ違いが少なかったので、ほぼ予定時刻に着いた。駐車場から月山中の宮を通り、弥陀ケ原湿原の山頂コースとの分かれ道から右側に進み、駐車場に戻った。ほとんどの所が木道であったので歩きやすかった。標高1400~1500mの弥陀ケ原湿原には、ニッコウキスゲ等の色々な花が咲いていた。運よく天気がまあまあで下の風景も見えた。
昼食のために下山後、月山と山形市の間の西川村の出羽屋に行き山菜そばの和食膳食べた。具の多い鍋のつゆで食べるそばは美味しかった。
昼食後、山寺に行き、五大堂まで上った。相変わらず五大堂からの風景は美しかった。奥の院は時間がなかったのであきらめた。
バスを停めた駐車場の店で休憩した後、福島までバスで移動し、福島19時16分の新幹線やまびこ156号で帰った・大宮20時22分。


(ローカル線)
c0160933_2219595.jpg



(荒砥駅)
c0160933_2220951.jpg




(萬國屋)
c0160933_179198.jpg


(萬國屋)
c0160933_1785143.jpg


(萬国屋から見た景色)
c0160933_1557245.jpg


(あつみ温泉の足湯)
c0160933_1791198.jpg



(酒田の運搬船)
c0160933_15575741.jpg


(酒田の倉庫)
c0160933_15574693.jpg


(酒田の倉庫)
c0160933_15573637.jpg




(丸池様の案内板)
c0160933_15583522.jpg



(丸池様)
c0160933_1558166.jpg


(丸池様)
c0160933_1558650.jpg


(丸池様の近くの小川の梅花藻)
c0160933_15582761.jpg


(丸池様近くの小川)
c0160933_1793483.jpg


(丸池様から玉簾の滝へ行く途中から見た鳥海山)
c0160933_15584652.jpg



(玉簾の滝の説明)
c0160933_15592316.jpg


(玉簾の滝)
c0160933_1558561.jpg


(玉簾の滝の神社)
c0160933_1559731.jpg



(玉簾の滝の入口の山ゆり)
c0160933_15595544.jpg


(玉簾の滝の入口から見た鳥海山)
c0160933_15594022.jpg


(芭蕉が滞在した近くの最上川)
c0160933_1794451.jpg


(高見屋別邸・紅)
c0160933_1795450.jpg




(銀山荘)
c0160933_1711215.jpg


(銀山温泉街)
c0160933_17105197.jpg


(銀山温泉街)
c0160933_1710295.jpg


(銀山温泉街の奥の滝)

c0160933_17104129.jpg







(月山8合目の案内板)
c0160933_16364371.jpg



(月山山頂方向)
c0160933_16362010.jpg


(月山8合目から見た山々)
c0160933_1638868.jpg


(月山8合目から見た山々)
c0160933_16375982.jpg


(月山8合目から見た山々)
c0160933_16374832.jpg


(月山8合目の弥陀ケ原湿原)
c0160933_16373972.jpg



(月山8合目の弥陀ケ原湿原)
c0160933_16373076.jpg



(月山8合目の弥陀ケ原湿原)
c0160933_16372153.jpg



(月山8合目の弥陀ケ原湿原)
c0160933_16371211.jpg



(月山8合目の弥陀ケ原湿原)
c0160933_1637236.jpg


(山菜料理の出羽屋)
c0160933_1712194.jpg



(高速から見た山形市)
c0160933_17133189.jpg



(山寺5大堂近くから奥の院方向)
c0160933_17131959.jpg


(山寺5大堂から見た景色)
c0160933_1713544.jpg


(山寺5大堂から見た景色)
c0160933_17125055.jpg


(根本中堂)
c0160933_17123496.jpg

# by noritabi | 2016-07-28 22:23 |

2016年7月ザ・ウインザーホテル洞爺、積丹半島、函館、ニセコ、小樽

2016年7月7日~10日に函館、ニセコ、積丹半島、小樽、ザ・ウインザーホテル洞爺を旅した。(TD飯田さん)
(2016年7月7日(木))
大宮10時46分のはやぶさ13号は、新函館北斗駅に14時37分に着いた。(所要時間3時間51分)新幹線で北海道にくるのは初めてだ。羽田から飛行機で来るのとさほど差がない。
元町を散策した後、湯の川温泉のホテル“望楼NOGUTI函館”に向かった。ホテルは温泉風呂付客室であるので良かった。また清潔感があった。ただ、部屋の入口部分と居室部分の間に階段があるのは問題だ。また、夕食の懐石料理に問題があった。料理と料理の間の時間が長すぎた。30分位待つこともあった。料理を請求したら言い訳に来たが、その後もさほど改善されなかった。客の夕食の進み具合を全く見ていない。個室にしないほうが良いと思う。食事時間2時間は長すぎる。もし1時間位で夕食が終われば、函館山に行けた。
(7月8日)
函館朝市で買い物した後、五稜郭公園を散策し、その後、展望タワーに上り、函館
の街を眺めた。タワー内の食堂で昼食(海鮮料理)を食べた後、ニセコに向かい、ニセコ山系の中腹にある神仙沼に行った。神仙沼は群馬の玉原高原の沼に似ている。ガスのなかの神仙沼を散策している時、突然とガスが消えて沼が見えた。
宿泊ホテルのニセコノーザンリゾート・アンヌプリは、ニセコアンヌプリのスキー場にあった。天気が良ければ羊蹄山が見えると思われる。
(7月9日)
ニセコから積丹半島の神威岬に行った。積丹半島に行く途中に新しいトンネルが完成していた。古いトンネルの入り口はコンクリで塞がれていた。神威岬は景色の良い所だ。積丹半島の先端の積丹岬には行かなかった。積丹岬は神威岬より整備されていないそうだ。
ニッカウイスキーの余市を通り、小樽に行った。小樽で昼食(寿司)を食べ定番の散策をした。羊蹄山の麓の道の駅でトイレ休憩をとったあとザ・ウインザーホテル洞爺リゾート&スパに向かった。到着した日は洞爺湖や町が良く見えたが、次の日の朝は霧で全く見えたかった。部屋はジュニアスイートで快適であった。
(7月10日)
ホテルから洞爺駅までバスで移動し、洞爺駅11時24分の北斗8号で内浦湾や大沼国定公園を見ながら新函館北斗駅に向い13時7分に着いた。新函館北斗駅13時35分発はやぶさ24号で帰った。大宮着17時38分。


(新函館北斗駅)
c0160933_21203251.jpg


(新函館北斗駅)
c0160933_21195219.jpg


(函館元町)
c0160933_2194760.jpg


(函館元町)
c0160933_2193426.jpg


c0160933_11343043.jpg


(望楼NOGUCHI函館の外観)
c0160933_21101242.jpg


(望楼NOGUCHI函館の部屋)
c0160933_2111536.jpg



(函館朝市近くの海岸)
c0160933_21103232.jpg


(函館朝市近くの海岸)
c0160933_21102291.jpg


(五稜郭の再建された奉行所)
c0160933_21111555.jpg


(五稜郭の再建された奉行所)
c0160933_21105344.jpg


(五稜郭)
c0160933_21115086.jpg


(タワーなら見た函館)
c0160933_21131265.jpg


(神仙沼)
c0160933_21144953.jpg


(神仙沼)
c0160933_21142246.jpg


(霧の神仙沼)
c0160933_11344149.jpg
c0160933_11345242.jpg


(神仙沼近くの湿原)
c0160933_2112045.jpg


(神仙沼の案内板)
c0160933_2112959.jpg




(神仙沼近くの湿原の花)
c0160933_21113789.jpg



(ニセコのホテル)
c0160933_21123074.jpg


(ニセコのホテル)
c0160933_21134122.jpg


(ニセコホテル前)
c0160933_1148476.jpg




(神威岬へ行く途中の海岸)
c0160933_21165541.jpg



(神威岬と反対方向の海岸)
c0160933_21205760.jpg




(神威岬)
c0160933_21191173.jpg


(神威岬から見た反対方向の海岸)
c0160933_21183345.jpg



(小樽)
c0160933_21161786.jpg


(小樽)
c0160933_21153267.jpg


(羊蹄山)
c0160933_11481480.jpg


(羊蹄山ドライブイン)
c0160933_11482443.jpg



(ザ・ウインザホテルのロビー)
c0160933_21175488.jpg


(ザ・ウインザホテルのロビー)
c0160933_21173482.jpg



(洞爺湖湖をホテルから)
c0160933_21214273.jpg


(洞爺湖湖をホテルから)
c0160933_21212934.jpg



(洞爺湖湖畔近くから)
c0160933_21222363.jpg


(大沼公園・駒ケ岳)
c0160933_1221953.jpg

# by noritabi | 2016-07-20 21:24 |

抱返り渓谷、男鹿半島、五能線、龍飛崎、下北半島、三陸海岸の旅

2016年6月19日~22日にツアーで抱返り渓谷、男鹿半島、五能線、龍飛崎、下北半島、三陸海岸を旅した。(TD西野さん)
(1日目6月19日)(抱返り渓谷)
大宮8時02分発の新幹線こまち3号は10時25分に田沢湖駅に着いた。田沢湖駅からはバスで抱返り(だきかえり)渓谷に向かった。抱返り渓谷は田沢湖の南約10kmにあった。抱返り渓谷の駐車場から約1kmに“みかえり”の滝があった。滝までの道は川に沿っている。川の色はブルーで綺麗だ。

(抱返り渓谷の駐車場側の建物)
c0160933_11401365.jpg


(抱返り渓谷の案内図)
c0160933_11395774.jpg


(抱返り渓谷の橋)
c0160933_11403137.jpg


(抱返り渓谷の川)
c0160933_11394361.jpg


(抱返り渓谷の川)
c0160933_11393024.jpg


(滝)
c0160933_11383812.jpg


(滝の案内)
c0160933_11382451.jpg



(男鹿半島)
男鹿半島の山の中にある真山神社に行った。この神社の隣になまはげ館があり、ここで、なまはげの風習を見た。
(男鹿観光ホテル)
男鹿温泉郷にはホテが10軒ほどありそうだ。石焼き桶鍋を作ってくれた。


(男鹿・真山神社)
c0160933_11411039.jpg



(なまはげ)
c0160933_11412353.jpg


(ホテル)
c0160933_11413629.jpg



(2日目6月20日)
(五能線、青池、千畳敷海岸)
男鹿観光ホテルを出た後、八郎潟な干拓地を通って、五能線の十二湖駅に行き、ここから深浦駅までリゾートしらかみ号に乗車した。深浦駅からバスで十二湖(青池)に行った。青池は湖底が見えるほど透明であったが、青色の感じはさほどなかった。千畳敷海岸に寄った後、鰺ヶ沢で“”ひらめのズケ丼”を食べ、津軽半島最北端に向かった。津軽半島最北端に行くため峠を越えた。峠は深い霧に包まれていた。
ホテル竜飛は津軽半島最北端に位置し、下を新幹線が通っている。夕食の海鮮は最高であった。マグロの中トロやウニが出た。

(八郎潟)
c0160933_1813963.jpg


(五能線風景)
c0160933_18132588.jpg


(青池)
c0160933_18134095.jpg


(千畳敷海岸)
c0160933_18141220.jpg
c0160933_18142646.jpg

c0160933_18135766.jpg


(津軽半島の峠)
c0160933_18144055.jpg

c0160933_18145477.jpg


(龍飛崎)
c0160933_1815657.jpg

c0160933_18153716.jpg


(国道)
c0160933_1815269.jpg
c0160933_18154724.jpg



(ホテル竜飛)
c0160933_18161115.jpg




(2日目6月21日)
(陸奥湾フエリー、仏ケ浦、大間崎、恐山、小牧温泉・青森屋)
8時10分に龍飛崎を出て、約1時間後に蟹田港に着いた。途中、本州最北端の新幹線駅が見えた。蟹田港発9時20分のフエリーで脇野沢港に向かい、10時20分に着いた。陸奥湾は穏やかであった。脇野沢港で貸し切りの船に乗り換え、10時30分に出発し、仏が浦に11時20分に着いた。
仏が浦には色々な形の岩があった。ここは船でしか行けない所だ。
仏が浦から船で佐井港に行き、ここで昼食(海鮮丼)を食べた。
佐井港からバスで本州最北端の大間崎を通って、恐山に向かった。
恐山は日本3大霊場の一つだ。(残りの2つは、比叡山、高野山)
小牧温泉・青森屋は平地の林の中にあった。ツアーのため夕食,朝食共バイキングであった。ところで、バイキング会場は薄暗い酒場のような所だった。私はこの様なところは好きでない。少なくとも朝食は明るい所で食べたい。暗いこととは関係ないと思うが、夕食のすし、魚の所に蠅がいた.

c0160933_1848791.jpg


c0160933_2105499.jpg

c0160933_18482160.jpg
c0160933_18483282.jpg
c0160933_18484393.jpg
c0160933_18485349.jpg
c0160933_1849434.jpg
c0160933_18491421.jpg
c0160933_18492764.jpg
c0160933_1849382.jpg
c0160933_18494866.jpg
c0160933_18495928.jpg
c0160933_18501124.jpg
c0160933_18502792.jpg
c0160933_18504479.jpg
c0160933_18505842.jpg



(2016年6月22日)
小牧温泉を8時20分に出て10時35分に久慈駅に着いた。久慈駅はNHKのドラマに使われたところだ。久慈駅から三陸鉄道北アリス線で普代駅まで行った。車窓から復興の様子が見られた。
バスで北山崎に行った。北山崎は断崖絶壁の景勝地だが、最初はガスで全く見えなかった。そのうちにガスが少なくなり見え始めた。
北山崎から浄土ケ浜に行った。浄土ケ浜は白い岩と紺碧の海とがきれいなところだ。
盛岡19時50分に出て、大宮に21時38分に着いた。

c0160933_21553818.jpg

c0160933_21554817.jpg

c0160933_2156772.jpg

c0160933_21561816.jpg

c0160933_21563084.jpg

c0160933_21564033.jpg

c0160933_21565085.jpg


c0160933_2216252.jpg


c0160933_22161377.jpg
c0160933_22163367.jpg
c0160933_22164489.jpg
c0160933_22165536.jpg
c0160933_2217567.jpg

# by noritabi | 2016-07-13 11:42 |

2016年6月伊香保、榛名湖の旅


2016年6月5日~6日に伊香保、榛名湖につつじを見に行った。
(1日目)川越10時20分のホテルの送迎バスで伊香保グランドホテルに向かった。上州物産館で昼食をとった後、ホテルにPM1時位に着いた。このホテルは2回目だ。前回は予約が早かったためか見晴らしの良い部屋(6階)が取れただ、今回は4日前だったので4階415の見晴らしの悪い部屋になった。山側であり、かつ他の建物の屋根が下に見えた。但し、部屋の中は前より良かった。今回はホテルの眺望よりはつつじを見るのが目的なのでさほど気になららかった。
伊香保ロープウエーで見晴まで行き、そこから森林公園中央の管理棟がある所で折り返した。山つつじは既に散っていた。今年は早く咲いたらしい。この日の歩数は約1万。
(2日目)ホテル前の停留場で群馬バス(株)の伊香保―榛名湖温泉ゆうすげ線のバスに乗りロープウエー前で降りた。約25分で着いた。残念ながら山つつじは散っていたが、レンゲつつじは満開であった。ロープウエー前から昭和天皇行幸の道を歩き、33号線を横切って草原の木道を歩いた。木道の終わった所から更に東に進み、その後、33号線を横切って33号線の北側に戻り、レンゲつつじが咲く低木の中を歩き、ロープウエー前に戻った。その後、榛名湖に行った。遠足の生徒が大勢いた。草原にゆうすげが7下旬~9月上旬頃咲くらしい。歩数は約1万。


(上ノ山公園)
c0160933_11121043.jpg


(森林公園)
c0160933_11122359.jpg


(上ノ山公園の展望台から)
c0160933_1113026.jpg


(天皇行幸の道)
c0160933_11134481.jpg


(333号線の天皇行幸の道の案内)
c0160933_11135499.jpg


(草原の入口)
c0160933_11141187.jpg


(木道)
c0160933_11144543.jpg


(ユウスゲの案内)
c0160933_11151617.jpg


(草原)
c0160933_11154631.jpg


(333号線の北側)
c0160933_11163270.jpg
c0160933_1117086.jpg


(榛名湖)
c0160933_11171235.jpg

# by noritabi | 2016-06-08 11:39 |

瀬波温泉、村上、月岡温泉、弥彦神社の旅

2016年5月22日~24日瀬波温泉、村上、阿賀の里、月岡温泉、弥彦神社を旅した。TDは村越さん。
1日目(5月22日)は、大宮9時54分発の新幹線で越後湯沢(10時52分着)に行き、ここから観光バスで南魚沼市の田畑屋で天ぷら付きのへぎそばを食べた。へぎそばは、1.5人前位あり、食べきれなかった。へぎそばは、本来のそばと大分違い、硬めのうどんに近かった。燕三条のストックバスターズ(洋食器等の店)に寄った後、村上市の瀬波温泉の瀬波ビューホテルに行った。15時30分着。瀬波温泉は石油掘削の時に見つかった、ナトリウム塩化物温泉である。ホテルは海辺にあり、日本海に沈む夕日が部屋から真正面に見えた。また、左端に佐渡島、右端に栗島が見えた。


2日目(5月23日)は、村上市内を散策した。市役所前の益甚(酒屋)、喜っ川(サケの加工品店)に寄った後、黒塀の通り等を歩いた。村上市内は、比較的きれいに整備されていた。
次に、村上駅から桑川駅まで羽越本線の列車で栗島を見ながら約20分移動した。トンネルが多いが、短いのでさほど気にならなかった。この路線の海はきれいだ。桑川駅の隣の展望通路からの景色が良かった。
桑川駅からバスで新潟市西にあるメイワサンピアに行き、昼食(村上牛のステーキ重)をとった。村上牛は予想以上に美味しかった。その後、東蒲原郡阿賀町の道の駅「阿賀の里」に行き、遊覧船で阿賀川を数分上がり、その後15分ほど下り、堰の近くから「阿賀の里」まで戻った。川は穏やかであった。
宿泊ホテルの月岡温泉「清風苑」は道の駅「阿賀の里」より北の新発田市にあった。「清風苑」は月岡の郵便局の隣に位置している。月岡温泉は田園の中の静かなところだ。「清風苑」の温泉は、含硫黄・ナトリウム塩化物泉で、美肌の湯と言われている。しかし、肌の弱い人は注意が必要だ。ホテルの案内にも書かれている。従って、普通の風呂も用意されている。



3日目(5月24日):ホテルを9時に出発して弥彦神社に10時30分頃着いた。参拝後、ロープウェイで弥彦山山頂近くまで上り、パノラマタワーに乗った。しかし佐渡島は雲で見えなかった。
寺泊で昼食(海鮮丼)を食べた後、湯沢駅近くの“魚野の里”で買い物、更にスーパーで買い物をした後、17時12分の新幹線に乗った。今回の旅は好天にめぐまれ楽しかった。


(瀬波温泉ホテル)
c0160933_21262652.jpg


(瀬波温泉の夕日)
c0160933_10325457.jpg


(ホテル前の海)
c0160933_1033935.jpg



(村上のサケ)
c0160933_10394482.jpg


(羽越本線からの風景)
c0160933_10333696.jpg


(桑原駅近くの海)
c0160933_10332337.jpg




(桑原駅近くの海)
c0160933_10335047.jpg



(桑原駅近くの海)
c0160933_1034388.jpg


(桑原駅前の展望通路から駅前)
c0160933_10342319.jpg



(桑原駅前の展望通路から駅前)
c0160933_10343777.jpg



(栗島がかすかに見える海)
c0160933_10344933.jpg


(桑原ー村上間の海)
c0160933_1035224.jpg


(桑原ー村上間の海)
c0160933_10351348.jpg
  

(月岡温泉のホテルの横)
c0160933_10355061.jpg




(弥彦神社入口)
c0160933_1036893.jpg


(弥彦神社本殿)
c0160933_10362249.jpg



(弥彦神社本殿右の神社)
c0160933_1037981.jpg


(弥彦山)
c0160933_10373470.jpg



(塔から見たロープウエイ駅方向)
c0160933_10375011.jpg



(弥彦山の塔)
c0160933_10353312.jpg



(信濃川)
c0160933_1038498.jpg

# by noritabi | 2016-05-29 10:43 |

松本・池田町の春

2016年4月10日:松本城の桜はほぼ満開だった。
2016年5月4日:池田町のレストラン“あ・うん”で昼食をとった。“あ・うん”は大糸線の東2km位にある。ここから北アルプスが良く見えた。。“あ・うん”は古い小学校の校舎後だ。位置的には槍ヶ岳、水晶岳。薬師岳等が見えそうだがよく分らなかった。
2016年5月5日:松本の西部の比較的高い所にある梓川ふるさと公園に行った。

(松本城の桜)
c0160933_2052345.jpg

c0160933_20524760.jpg
c0160933_2052579.jpg



(あ・うん)
c0160933_20531834.jpg
c0160933_20533938.jpg
c0160933_20534960.jpg


(梓川ふるさと公園)
c0160933_2054126.jpg
c0160933_2054117.jpg

# by noritabi | 2016-05-10 21:05 |

迎賓館赤坂離宮・亀戸天神・浅草・築地場外市場

2016年4月28日に迎賓館赤坂離宮・亀戸天神・浅草・築地場外市場を観光した。雨の中、築地場外を観光した後、ワシントンホテルで昼食(バイキング)を食べた。バイキングはランチのためかレベルが低かった。
亀戸天神の藤は満開なのか、満開が過ぎたのかよく分らなかった。
浅草の観光会館のようなところに寄った後、迎賓館赤坂離宮に行った。迎賓館は入場可能になったばかりだ。入場時に本人確認、荷物検査があった。過去にオリンピックの事務所、国会図書館等に使用されたそうだ。内部は特に見るべきものはなかった。外国要人と政府要人との写真が目立った。庭の松は立派だった。和風の会館があるらしいがそこは別料金で入れなかった。


c0160933_12412599.jpg
c0160933_12411335.jpg
c0160933_1241292.jpg
c0160933_12405370.jpg


c0160933_12415592.jpg
c0160933_12414572.jpg
c0160933_12413793.jpg

# by noritabi | 2016-05-10 12:44 |

東京スカイツリー・靖国神社・千鳥ヶ淵・北の丸公園




2016年3月14日に靖国神社・千鳥ヶ淵・北の丸公園・東京スカイツリーに行った。浜松町駅近くのすし屋での昼食後靖国神社に行き、すぐ前の千鳥ヶ淵・北の丸公園を散策した。桜は全体として3分咲であった。
浅草駅から東京スカイツリー駅に行き、東京スカイツリーの展望デッキ(350m)、展望回廊(450m)に初めて上がった。時間が遅いためか比較的早くに上がれた。

(靖国神社の開花基準の木)
c0160933_1152362.jpg


(靖国神社)
c0160933_11524988.jpg


(千鳥ヶ淵)
c0160933_115349.jpg


(北の丸公園)
c0160933_11531553.jpg


(スカイツリー)
c0160933_1153318.jpg
c0160933_11534068.jpg
c0160933_11535098.jpg
c0160933_1154149.jpg
c0160933_115496.jpg
c0160933_11541937.jpg
c0160933_11544799.jpg

# by noritabi | 2016-05-10 12:03 |

世界遺産三保の松原、忍野八海、3ケ月温泉の旅


2016年3月7日、8日に世界遺産三保の松原、忍野八海、3ケ月温泉を旅した。
1日目はあいにくの雨。清水港から観光船で三保桟橋まで行き、松並木の木製歩道を経て羽衣の松まで行った。羽衣の松は3代目らしい。悪天候のため羽衣の松から富士山を見ることはできなかった。三保の松原からバスで日本平に行った。山の中腹で1瞬清水港が見えたが、後は悪天候のため、視界が悪かった。
次に、遠州一の宮の小国神社、袋井観光セターによった後3ケ日(ミツカビ)温泉のホテルリステル浜名湖に行った。このホテルは浜名湖の西岸にあり、景色は良かった。部屋等は料金相応だ。
2日目は、焼津の海産物屋、お茶屋、わさび工場(たまるや)に寄った後山中湖に向かった。途中で雨が上がり、富士山が見えた。山中湖で昼食後、世界遺産の忍野八海に行った。忍野八海は観光客で混雑していた。半分以上外国人(中国人)だ。ゆっくり見るには観光客が少ない朝か夕方がよさそうだ。忍野八海は予想はずれの場所だ。
勝沼で花やハーブを鑑賞して帰路についた。


(清水港)
c0160933_1855196.jpg
c0160933_1853844.jpg


(三保の松原)
c0160933_1862597.jpg
c0160933_1861698.jpg
c0160933_186128.jpg



(日本平)
c0160933_1863540.jpg


(小國神社)
c0160933_1865489.jpg
c0160933_1864496.jpg



(ホテル)
c0160933_18758100.jpg



(浜名湖)
c0160933_187412.jpg
c0160933_1871834.jpg
c0160933_187973.jpg



(川)
c0160933_1883899.jpg


(茶畑)
c0160933_188537.jpg


(静岡から見た富士山)
c0160933_189922.jpg



(山中湖)
c0160933_18121733.jpg
c0160933_1812192.jpg



(忍野八海)
c0160933_18114016.jpg
c0160933_18112725.jpg
c0160933_18111190.jpg
c0160933_18105592.jpg
c0160933_18103690.jpg
c0160933_18101591.jpg
c0160933_1895523.jpg

c0160933_1893951.jpg
c0160933_1892354.jpg

# by noritabi | 2016-05-09 18:41 |

宮古島の旅

2016年1月31日~2016年2月2日に宮古島に行った。
羽田8時50分発JAL907便は那覇に11時40分に着き、12時00発日本トランスオーシャン航空556便で宮古島に向かい、12時55分に着いた。
(1日目)
先ず、宮古島最東端から約2km突き出た東平安名崎(ひがしへんなざき)に行き、灯台に上った。好天に恵まれ、鮮やかなエメラルドグリーンの海がきれいであった。浜辺に鮮やかな青い色の魚が見えた。
東平安名崎の少し西の宮古島海宝館によった後、島の西側の来間島(くりましま)に行った。1590mの来間大橋がエメラルドの海の中にきれに延びていた。
(宮古島東急ホテル&リゾート)
宮古島東急ホテル&リゾートは来間大橋が見える海岸近くにあった。広いプライベートビーチがある。気分が安らぐ良いホテルだ。また来たいところだ。

(2日目)
あいにくの雨の中、島中部西側にある伊良部大橋(日本最長3540m)を渡り、伊良部島、下地島に行った。橋の下に亀が見えた。下地島には現在ほとんどつかわれていない飛行場があった。
その後、島の北端の池間大橋(1425m)を渡り、池間島に行った。雪塩製塩所、海中公園、砂山ベーチ、熱帯植物園、通り池等も観光した。天気の良い時にもう一度来たい。

(3日目)
市場に寄ってから空港に行った。宮古空港10時55分発日本トランスオーシャン航空556便で那覇に行き、那覇発12時45分発のJAL906便で羽田に向かい、14時55分に着いた。

(東平安名崎)
c0160933_18132364.jpg


(灯台)
c0160933_18154146.jpg


(東平安名崎)
c0160933_18133968.jpg


(来間大橋)
c0160933_18135542.jpg


(来間島から見たホテル)
c0160933_1814876.jpg


(通り池)
c0160933_1814242.jpg


(西平安名崎)
c0160933_18144564.jpg
c0160933_1815019.jpg


(池間大橋)
c0160933_18151375.jpg


(3日目の朝、ホテルの窓から)
c0160933_1815294.jpg

# by noritabi | 2016-05-08 18:18

2016年1月伊香保温泉の旅


2016年1月12日、13日に伊香保温泉に行った。
伊香保グランドホテルの送迎バス(往復1000円)を利用した。送迎バスは四万温泉まで行くので、ほとんどが四万温泉行の乗客であった。伊香保温泉の近くの上州物産館で昼食をとった。伊香保グランドホテルには12時少し過ぎに着いた。チェクインが可能なのでホテルに荷物を置いて、近くの保科美術館に行った。ここには、小林かいちの展示室、松本哲男の展示室(タージマハル、その他)、小泉智英の展示室(秋の抄等)、佐々木曜の展示室、友永詔三の展示室、竹久夢二の展示室がある。展望休憩室から子持山(1296m)、赤城山とが見えた。
(13日)
13日は晴天のため遠くの山々までよく見えた。ロープウェイで見晴台に上った。見晴台からの展望は良かった。3つの峰を持つノコギリ状の小野子山の向うに谷川、子持山の向うに武尊(2185m)、子持山と赤城の間に草津白根(2484m)等が見えた。ロープウェイを降りたあと石段街を通ってホテル近くのレストラン(夢味亭)で昼食を食べた。
ホテルの部屋は見晴らしが良かったがその他は料金なみであった。

(ホテルから)
c0160933_1217033.jpg

c0160933_12171020.jpg
c0160933_12171918.jpg
c0160933_12172980.jpg


(ロープウェイ駅近くから)
c0160933_12181592.jpg


(見晴台から)
c0160933_12183019.jpg
c0160933_12184463.jpg
c0160933_12191111.jpg
c0160933_12192262.jpg


(石段街)
c0160933_12193128.jpg

# by noritabi | 2016-01-24 12:28 |

2015年12月インドの旅(第11回(最終回))デリー・世界遺産クトゥブ・ミナール・帰国


2015年12月21日(日)
アグラから約230km(約5時間)先のデリーへ移動した。アグラ郊外からデリーまで高速道路だ。しかし、霧のために先がほとんど見えない状態が続いた。道路両側に畑が延々と続いた。デリー近くに工業団地、スポーツ施設があった。 

(昼食)
レストランでタンドリー料理(チキンカレー、ナン等)を食べた。
c0160933_1733943.jpg



(世界遺産クトゥブ・ミナール)
昼食後、世界遺産クトゥブ・ミナールを観光した。クトゥブ・ミナールは、イスラム教勢力が11世紀頃侵入し、13世紀に築いたイスラム教寺院にある高さ72.5mの尖塔だ。

c0160933_17334015.jpg
c0160933_17335222.jpg
c0160933_1734552.jpg
c0160933_17342017.jpg



(ショッピングセンター)
クトゥブ・ミナールから空港に向う途中にある新しいショッピングセンターに寄った。ここで残ったインド・ルピーを使い切った。

c0160933_17331818.jpg
c0160933_17332759.jpg


(帰国)
デリー20時20分発のJL0740で帰国した。成田に7時10に無事到着した。
(感想)
インドの都市部の交通状態は想像以上だ。2車線の道路を3車線で使うこともある。後から来る車がほとんど警笛を鳴らす。1分間と静かな時がない。
インドの料理の半分位はカレーだ。野菜の煮たものもカレーだ。ナンで辛さを軽減した。
インドは仏教の発祥の地と言われているが、人口の約80%がヒンドゥー教徒だ。北のほうに釈迦の生地があるらしい。簡単に行ける所なら行ってみたい。
今回、TD西村さん、日本に数年住んだことがある現地ガイドにお世話になった。
# by noritabi | 2016-01-19 17:42 |

2015年12月インドの旅(第9回)アグラでのカフェ


2015年12月20日(日)
タージ・マハルの見える別のホテル屋上で夕日を見ながら休憩した。タージ・マハルがぼんやり見えた。
c0160933_18492428.jpg
c0160933_18493434.jpg
c0160933_18494348.jpg
c0160933_18495468.jpg
c0160933_185041.jpg

# by noritabi | 2016-01-18 18:51 |

2015年12月インドの旅(第8回)世界遺産アグラ城塞


2015年12月インドの旅(第8回)世界遺産アグラ城塞
2015年12月20日(日)
タージ・マハルを観光した後、世界遺産アグラ城塞に行った。城塞の中には宮殿、モスク、バザール、居住区などがある。18世紀初頭に完成した。
c0160933_1854513.jpg
c0160933_1853125.jpg
c0160933_1851755.jpg

c0160933_186184.jpg

c0160933_1861535.jpg


c0160933_1892398.jpg
c0160933_1891151.jpg
c0160933_1885992.jpg
c0160933_187520.jpg
c0160933_1864790.jpg
c0160933_1863044.jpg


c0160933_185655.jpg
c0160933_1845680.jpg
c0160933_1844890.jpg

# by noritabi | 2016-01-18 18:16 |